IMALUしくじり先生で赤裸々告白!? 「親の七光り使い果たした」父・さんまへの思いを語る

父は明石家さんまさん、母は大竹しのぶさんという超大物芸能人の両親を持つ“2世タレント”のIMALUさんが、8月8日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」3時間スペシャルに出演することがわかりました。

最近では、父・さんまさんの“超過保護ぶり”が話題にもなったIMALUさん。

番組では、コネを使ってデビューした当時の話や、両親への思いを赤裸々に語ります。

1169098_1579052612415409_1494975586_n

出典:IMALU(imalu_0919)(Instagram)

“親の七光り”世間からの厳しいバッシングも

IMALUさんの大きなしくじりは、「わずか1年間で“親の七光り”を使い果たしてしまった」こと。

彼女は“芸能界最強のコネ”を使って2009年に芸能界デビュー。

デビュー1年目には、すでにファッションモデルや女優として活躍し、連続ドラマやトークバラエティーにも出演していました。

その他にも、CM、歌手、アニメ声優……と、デビュー1年目とは思えないような仕事が舞い込んできましたが、IMALUさんはすべてにおいて結果を出せず、世間からの厳しいバッシングを受けることに。

『演技も歌も話もダメ。親に甘えて努力してない』

『親の力で仕事貰って金稼げていいな』

『あの偉そうな態度としゃべりがムカつく』

『IMALUって強みがはっきりしてないから、ただ親のおかげでテレビ出てますって感じ』

『さんまと大竹しのぶの娘ってハードル高すぎるでしょ。七光りでも仕方ない』

番組内では、しくじりまくった当時を振り返り、心情を吐露しています。

また、芸能界デビューの際、父・さんまさんから贈られたという人生初のアドバイスも紹介。

デビュー6年目を迎えた今、改めて仕事への情熱や、両親への思いなどを真摯に語ります。

意外にも過保護な父・さんま

以前、5月にさんまさんが別のテレビ番組に出演した際に、その“超過保護ぶり”が話題になりました。

さんまさんは、「老後の面倒を見てほしい。嫁に行ってほしくない」と語り、愛娘の結婚に関しては「世の中の男は全員ダメ!」と主張。

6月には、大手生命保険会社の30歳エリート社員との熱愛が報じられたIMALUさんですが、こんな超過保護な父親を説得するのはかなり大変そうです。

とはいえ過保護というのは、言い方を変えてみると多くの愛情がある証。

親からたくさんの愛を受けて育ったIMALUさん。

しくじり先生では、両親への思いをどのように語るのかが注目ですね。


超大物芸能人の両親をもつIMALUさん。

“親の七光り”や“2世タレント”と言われて、苦しんだ過去もあることでしょう。

番組ではIMALUさんの口から、どのような過去の話や家族への思いが飛び出すのでしょうか。

8日の放送が楽しみですね。

【関連リンク】
IMALU熱愛報道に”過保護父”さんまの反応は? 結婚は「キムタクでもダメ」

【画像出典元リンク】
・IMALU(imalu_0919)(Instagram)/https://www.instagram.com/p/BCm5Nq4DC2b/?taken-by=imalu_0919

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする