日焼け後のアフターケアにおすすめ! 簡単3STEP「ラベンダーローション」の作り方

【相談者:20代女性】
毎年、友人と海にバーベキューに行くのですが、日焼け対策にいつも悩まされています。

日焼け止めはもちろん塗っているのですが、やはりヒリヒリして赤くなってしまいます。

日焼けした後には、普段使用している化粧水をすぐに使ってもいいのでしょうか?

何かおすすめのケアがあれば教えてください。

a できるだけ紫外線に肌をさらさないようにしましょう

ご相談ありがとうございます。メンタル&美容スペシャリストのバニラです。

海でのバーベキュー楽しそうでいいですね。

でも、確かに海辺の紫外線は強烈なので、短時間でも日焼けをしてしまい、ヒリヒリと赤くなってしまいます。

アウトドア用の日焼け止めをしっかり塗るだけではなく、顔にはファンデーションを重ね塗りをして、こまめに塗りなおすことが基本ですが、できるだけ素肌を紫外線に無防備にさらさないように気をつけてくださいね。

UVカット効果がある衣類やタオルをはおることと、砂浜からの反射も強いので、首元や足元の日焼けにも要注意ですよ。

hiyake

(1)ラベンダーの手作りローションがおすすめです

日焼け直後の肌は、ヒリヒリと赤みを帯びており、炎症している状態です。

その場合はいつもの化粧水は使用しないほうがいいでしょう。

ヒリヒリしている時には、まずは冷水や冷タオルでしっかりと肌を冷やして、ほてりを鎮めます。

そしてほてりが治まった時におすすめなのは、「ラベンダー」の精油で作ったローションです。

ラベンダーは、ウッディーが基調のフローラル系の心落ち着く香りで、鎮静、鎮痛、消炎、殺菌効果にとても優れており、精油のなかでも肌にやさしいタイプなので、日焼け後のデリケートなお肌を落ち着かせる効果があります。

また、傷ついた細胞を再生させる効果もあるので、シミや色素沈着などのトラブルを防いでくれますよ。

(2)ラベンダーローションの作り方

ラベンダーローションは手軽に作ることができるので、海に行く際には作って持って行くと役に立ちます。

<準備するもの>
・グリセリン……5ml
・ウィッチヘーゼルローション……50ml(手に入らない場合は精製水でも可)
・ラベンダーの精油……10滴

<作り方>
(1)ガラスの容器(ビーカーやグラスなど)にグリセリンを入れ、そのなかにラベンダーの精油をたらし、よくかき混ぜます

(2)混ぜたものに、ウィッチヘーゼルローションを加えて、さらにかき混ぜます。

(3)遮光性のビン(光を通さないビン)に移して、冷蔵庫で保管します。

(4)使用する前にはよく振り、1~2週間で使い切るようにしましょう。海に持って行く際には、クーラーボックスに入れてくださいね。


冷たく冷やしたラベンダーローションをほてった肌につけてあげると、いつもよりも早く肌を回復させることができるので、ぜひ試してみてください。

【参考文献】
・『アロマテラピーのレシピ12か月』佐々木薫・著

●ライター/バニラ(メンタル&美容スペシャリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする