男性は左側にいる人を守ろうとする!? 立ち位置で変わる男性の印象とは?

みなさんは彼氏や意中の男性と歩く時、左右どちら側に立っていますか?

普段は無意識に選んでいると思いますが、心理学をうまく利用すれば、男性とよりよい関係を築けるかもしれません。

そこで、今回は、立ち位置や座る位置で変わる男性からの印象の違いについてまとめました。

kappuru

男性が右側、女性が左側という立ち位置が多い

街行くカップルを見ていると、男性が右側、女性が左側を歩いている割合が多いことに気づきます。

実は、こうした傾向には心理学的な意味も絡んでいると言われています。

男性は左側にいる人を守ろうとする

人は誰しも、他人に侵されたくない領域、パーソナルスペースを持っているもの。

通常、パーソナルスペースは利き手側の方がやや広くなっていて、この領域を侵されると、相手より弱い立場になってしまいます。

男性の場合、特に闘争本能が強いため、利き手は敵と戦い、反対の手は人を守るもの、という意識があります。

そのため、多くの男性は左側にいる人を守ろうとする心理が働くのです。

まずは男性の利き手を判断する必要がありますが、この男性心理は、まだ仲が深まっていない時でもしっかり働きます。

意中の男性と歩く時は、男性の利き手と反対の位置に立つようにすると、その後の進展も期待できるかもしれません。

参考:男性の左側をキープすることが夫婦円満の秘訣なワケ

座る時は男性の正面を避ける

男性のパーソナルスペースは女性に比べて楕円状に前後に伸びているため、正面に座ってしまうと、男性に警戒心を持たれてしまいます。

デートでお店に入った時は、カウンター席やL字席を選び、テーブル席の場合でも、できるだけ正面に座らないようにするといいかもしれません。

左右どちらに座るかは、その時、男性にどう思われたいか・どうしてほしいか、で使い分けてみましょう。

心理学的には、顔の右側は冷たい印象を与え、左側は優しい印象を与えると言われています。

そのため、男性に優しい印象を与えたいときは、横並びの場合は右側に座り、向かい合う場合は、男性から見て左斜めに座ると◎。

また、人は左耳よりも右耳から頼みごとをされた方が、言うことを聞く性質があるため、なにか頼みごとがある時は右耳で聞いてもらえるような位置取りをするといいでしょう。


いかがでした?

立ち位置や座る位置を意識することで、相手に様々な印象を与えることができます。

並んで歩く場合は男性の左側に立ち、座る時は正面を避ける。

左右はその時の目的に応じて変えるようにすると、よりよい関係が築けるかもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする