ダレノガレの“臭い”にスタッフが降参……傷つけないよう「クサい」と伝える方法は?

16日に26歳の誕生日を迎えたダレノガレ明美さん。

一般男性との交際も報道されており、公私ともに充実した生活を過ごしているようですね。

しかし、ここにきて現場のスタッフから、ダレノガレさんに対して苦情がでているとひそかに話題になっています。

その苦情とは彼女のニオイ

実はダレノガレさんは香水がキツく、スタッフの中にはそのニオイで気持ち悪くなってしまう人もいるレベルだとか。

ダレノガレさんは甘い香りがする香水を2種類使い、上半身と下半身でも使用する香水を分けているといいます。

スタッフが気持ち悪くなってしまうほどのニオイを纏うダレノガレさんですが、彼女の場合はハーフなので、普通の日本人よりも体臭が強いということも。

欧米の方は遺伝的に汗腺が多めで、汗をかきやすくニオイがキツイ人が多くいます。

ダレノガレさんはそれを気にして甘い香水でごまかしているのでは、とスタッフの中では話題になっているそう。

そもそも年頃の女性の場合、いい香りがする女の子でいたいと感じるのは普通のことです。

しかし、あまりにも度が過ぎるニオイで周囲の人に迷惑をかけてしまっては元も子もありません。

ダレノガレさんにも誰か助言してあげられるといいのですが……女性ということもあり、なかなか言いにくいのが現状のようです。

darenogare

出典:ダレノガレ明美(@The_Darenogare)(Twitter)

ダレノガレのニオイ報道、ネットでは「香水は迷惑」が多数

『いわゆるスメハラだね。体臭は仕方ないけど、香水のニオイについては言った方がいい。さりげなくね』

『正直、香水は大迷惑! 電車中でもキツイ人いるよね。気持ち悪くなっちゃう』

『真実かどうか別として、香水の付けすぎは確かに迷惑。彼女に限らず、適量が分からないなら使わないでほしい』

『毎日香水つけてるとニオイに対して鈍感になるよね。加減が分からなくなったのかな』

『ハーフって独特の体臭あるから、つけたくなる気持ちわからなくもないけど、自分がその場にいたらたぶん無理だ……』

ネットからはダレノガレさんの報道に対し、「香水のニオイがプンプンするのはつらい」という声が多く上がっています。
 
女性にとって香水や柔軟剤で香りを纏うのは常識となりつつあります。

しかし、使い続けるとニオイに対して鈍感になっていきます。

ダレノガレさんに限らず、過剰なニオイを放つ女性は、公共機関でもたまに遭遇するもの。

自分ではどのくらい強烈なニオイなのかわからない分、やはり周りの人が教えてあげる必要性がありそうです。

ニオイで人を不快にさせる“スメルハラスメント”

今回の報道のように、ニオイで他人を不快にさせてしまうことをスメルハラスメント、「スメハラ」といいます。

体臭や口臭はもちろん、足のニオイも原因の1つ。

また、ダレノガレさんのように香水のニオイや、柔軟剤も1つの原因になっています。

スメハラは基本的に自覚症状がなく、誰でも加害者になり得るもの。

特に、香水や柔軟剤、フレグランス系の化粧品が増えたことで、最近は女性の加害者が増えつつあるのです。

身近なスメハラに悩む人たち……本人にうまく伝えるには?

仮に、スメハラの加害者が職場の人であれば、上司から伝えましょう。

同僚でどうしても言いづらい場合は、上司に相談して言ってもらうということが可能です。

みんなが同じことを思っているのなら、さりげなく本人に伝えてくれるはず。

友人などの場合はもう少しフランクに忠告ができるかもしれません。

忠告する際、異性から伝えるよりは、同性から伝えることで、ダメージを受けにくくなります。

体臭はデリケートな問題なので、言いづらいと感じる方が多いだと思いますが、当の本人はニオイを自覚していないため、対策をしていないことがあります。

そのため、本人に伝えることで初めて自分のニオイに気が付き、対策をしてくれることがほとんどです。

ポイントとしては2人きりの時に伝えること。

そして、「あなたのことを考えて、あえて伝えている」としっかり言うことです。

ただ「ニオイがキツイ」「くさい」というだけでは、言われた本人が傷ついてしまうこともありますよね。

例えば、「こんなグッズがあるよ」「香水どのくらいつけているの?」「いい匂いだけど、柔軟剤の量を減らした方がいいかも」など、具体的な対策を教えることで、言われた本人も自分のことを考えて言ってくれたのだな、と感じやすくなるでしょう。


強烈なニオイを放つ人には、本人のためにも優しく伝えてあげましょう。

とはいえ、自分も加害者になるかもしれないのがスメルハラスメント。

香水を使った際には、家族や友人にニオイ過ぎていないかチェックしてもらうなどの工夫をすることが大切ですね。

【画像出典元リンク】
・ダレノガレ明美(@The_Darenogare)(Twitter)/https://twitter.com/The_Darenogare/status/756079357651587072

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (9)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする