“能年玲奈”本名なのに使えない!? 「もう一般人になったほうがいい」疑問の声続出

「のん」に改名したことが話題になっている能年玲奈さん。

所属していたレプロエンタテインメントが、「能年玲奈」という名前の使用に関する通知文書を送っていたことが明らかになりました。

レプロは6月下旬に、6月末で契約が満了する能年さんに対し、15か月分の契約延長を求める文書を送付。

その理由は、昨年4月から続いている能年さんとの話し合いが進まず、仕事を入れられなかったからというもの。

その際に、契約が終了しても、「能年玲奈」を芸名として使用するには、レプロの許可が必要と警告。

今回の改名は、「能年玲奈」の名前で契約していた事務所との関係を考慮したものでした。

能年さんの弁護士は、「契約終了後にもかかわらず、本名を許可なしでは名乗れないというのは、公序良俗違反で契約条項は無効になる」と主張。

未だ事務所との確執が解消していないことから、この問題はまだまだ長引くことが予想されます。

non

出典:能年玲奈オフィシャルブログ

のん、今後は創作活動に注力か

一方で、能年さんは「三毛&カリントウ」という個人事務所を設立しています。

新しい個人事務所は、能年さんが慕っている演技指導者の滝沢充子さんと2人で立ち上げたものです。

その個人事務所は、能年さんがプロデュースした絵やグッズを販売するためのものだといいます。

以前から、『絵本を出したい』『ギターで曲を作りたい』『頭の中にあるものを、ものづくりで放出していきたい』と話していた能年さん。

今後は、女優活動だけでなく、そういった創作活動に注力していくのではないかと言われています。

今回の改名も、よりアーティスト感を出したものなのでは、という声もあります。

しかし、いずれにせよ、レプロとの問題を解消しないままでは、今後の活動に堂々と取り組むことはできなさそうです。

世間では心配の声が多数

『芸能界ってやっぱり変。本名を名乗るなっておかしな話だよね』

『能年さんもこんな事ばかりで芸能界に疲れてそう。もう一般人になった方がいいんじゃない』

『“のん”っていう芸名は浸透しないと思う』

『たしかに本名だけど、“タレント 能年玲奈”の名前を売ったのはレプロだもんね』

『定期的にこういう事務所との揉め事が表に出てきてる気がする。作品が純粋に楽しめなくなるから嫌だ』

世間でも、能年さんが本名を名乗れないことについて、「おかしい」という声が多くあがっています。

また、SMAPの騒動にもあったように、芸能人と所属事務所のトラブルに嫌気がさしてきている人もいるようです。


本名なのにそれを名乗れないというのは、能年さんの弁護士が主張するように理不尽なことのように思えます。

今後事務所との問題はどうなるのか、“のん”として芸能活動を続けていくのか……彼女の動向に注目ですね。

【画像出典元リンク】
・能年玲奈オフィシャルブログ/http://yaplog.jp/lp-n-rena/image/1177/1492

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする