「面倒くさいオンナ」卒業!“自虐女性”がモテない本当の理由と3つの対処法

どうせ私なんて……と、普段から自虐的な発言をしてしまっていませんか?

「自虐ネタ」として本人は話しているつもりでも、実際は周りに引かれてしまっていることも少なくありません。

しかも、それを合コンなどの異性との出会いの場でも言ってしまっているとしたら……。

同じく男性にも引かれてしまっていることは、想像に難くないですよね。

しかし、そもそもどうして自虐的な女性はモテないのでしょうか?

その理由を考えていきましょう。

woman

自虐ネタ自体に引かれてしまう

自虐的な話は、「自分のダメなところ」や「運の悪い話」など、自分のマイナスな面をわざわざ相手に伝えているようなものです。

それを聞いた男性は、「この人こんなにダメな面があるんだ……」とそのまま受け取ってしまいます。

自分のダメなところを相手に伝えて、自ら印象を悪くしてしまっては元も子もないですよね。

「面白い女」はモテない

おそらく自虐ネタを言う女性は、相手にウケようとして場を盛り上げようと自虐ネタを披露していることもしばしば。

もし仮に、男性に「面白い」と思われても、それで恋愛対象になることは難しいでしょう。

残念ながら「面白い」ことは、女性としての魅力には繋がりづらいのです。

むしろ逆効果の場合も多く、男性にモテるどころか、ただの友達としか見てもらえない可能性もあります。

自虐的な女性は面倒くさいと思われる

自虐的な女性と付き合った場合、何かにつけて「私なんて……」と自虐の話を聞かされることが予想されます。

その度に「そんなことないよ」と慰めてあげるのは面倒くさい、と感じる男性が多いようです。

では、そんな“自虐女”を卒業するためにはどうしたらいいのでしょうか?

自虐的な女を卒業するためには……

(1)聞き役に徹する

出会いの場では無理に面白い話をしようとせずに、聞き役に徹することも大切です。

男性の話を熱心に聞いてあげれば、「この子、俺の話をこんなに真面目に聞いてくれてる!」と男性からの印象もアップします。

(2)ふんわり笑顔を意識して

自虐的な女性は、実はプライドが高いことも多く、それを隠すために自虐ネタを披露していることもあります。

「男性の前でわざとらしい笑顔なんてしたくない!」と思うかもしれませんが、ムスッとしていては更に魅力がダウンしてしまいます。

なるべく、ふんわりとした笑顔を意識して、その場では明るい女性を演じましょう。

(3)明るく健康的な女性を演じる

第一印象はとても大切です。

第一印象で「面倒くさい自虐女」と思われてしまっては、そこから挽回するのは難しいでしょう。

とにかく最初は、「明るく健康的な女性」として振る舞いましょう。

演技でも構わないので、明るくニコニコしていれば、男性からも好印象を得ることが出来ます。


自虐的な話は意中の男性だけでなく、他の周りの人たちにとってもあまり聞きたくない話かもしれません。

なるべく早く「自虐女」を卒業して、男性受けする健康美人を目指しましょう!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする