夫の晩酌好きがケンカに発展? 嫌なことを受け止めるための考え方

【相談者:20代女性】
去年結婚して、二人での生活にやっと慣れてきたのですが、最近ちょっと悩んでいることがあります。

彼はとてもお酒が好きで家で晩酌をするのですが、私は家での晩酌が好きではありません。

私もお酒は飲める方だし、居酒屋やバーなどに行くことがすごく好きです。

だからこそ、お酒は外で飲むものであって家で飲むものという考えがないんです。

けれど彼は家での晩酌に付き合わない私の態度が腹立たしいらしく、最近そのことでストレスを感じていると言われました。

楽しくもないのに、なぜ晩酌に付き合わないだけで怒られなくてはならないのか、こっちが腹立たしいです。

a 夫の疲れを癒す時間と考えて! 妻にしかできない役割です

初めまして。オンナのお悩みライターのコマツマヨです。

お酒が好きだからって、晩酌好きが好きとは限りませんよね。

お酒が好きな人のなかにもたくさん種類があります。

お酒そのものの味が好きなタイプやお酒に酔った時の気分が好きなタイプ、たくさんの仲間とワイワイする宴会好きのタイプや、お酒を飲んでいる自分が好きというタイプの人までさまざまです。

しかし、旦那様は「お酒が好きな人は晩酌も好きなはず!」と思っているようですね。考えや認識の違いが生じていて、難しいものです。

160721komatu

(1)お酒は夫婦間の絆を深めるアイテム!

株式会社マーシュが、全国の20代~40代既婚男女で、お酒を飲む人490名を対象に実施した「夫婦での飲酒習慣に関するアンケート調査」では、次のような結果が明らかに。

夫婦ともお酒を飲むのは全体の約7割。そのなかで、約9割の人が、自宅や外出先で夫婦でお酒を飲むことがあると答えました。

夫婦で一緒にお酒を飲む時間を「楽しい」「コミュニケーション」「リラックスできる」と答えているとともに、男性の約6割が「もっと増やしたい」「どちらかといえば増やしたい」と考えていることがわかりました。

(2)旦那様はあなたともっとコミュニケーションの時間を増やしたいのかも

これらの結果を見てみると、旦那様はあなたと晩酌を楽しむことで「コミュニケーションをとりたい」と考えているのかもしれません。

でも、あなたが晩酌に付き合ってくれないことで、夫婦のコミュニケーションまでも拒否されたように感じてしまったのではないでしょうか。

男性は自分の気持ちを言葉や態度に表すことが苦手な人も多いものです。

自分の好きなものを拒否されたことによる、悲しさや残念さをうまく表現できていないだけかもしれません。

(3)我慢は不要。でも、こんな考え方はどうでしょうか?

あなたが嫌だと思うことを我慢する必要はありません。

しかし、「家で飲むのは楽しくない」というあなたの考えと同じだけ、旦那様は「家で飲むことが楽しい」と思っているのも事実です。

「無理!」と強く拒否するのも一つの方法ですが、晩酌の目的を“お酒を飲むこと”ではなく“夫の趣味に付き合う”や“毎日頑張って働いてくれている夫を癒す時間”と考えてみるのはいかがでしょうか?

やはり、大黒柱である旦那様がお仕事を頑張ってくれているからこそ、家庭があるのですから。

もちろん晩酌に付き合うかわりに、外で飲む日を増やしたり、飲みに行くお店の決定権はあなたに譲ってもらうなど旦那様に提案してみては?


せっかく楽しいお酒の席なのですから、どちらかが我慢するのではなくどちらも納得のいく方法で解決したいですよね。

あなたとコミュニケーションをとりたいと思う旦那様の愛情だと受け止め、少しだけ旦那様の趣味に付き合ってあげてはいかがでしょうか?

夫婦での飲酒習慣に関するアンケート調査|マーケティングリサーチ・市場調査のマーシュ

●ライター/コマツマヨ(オンナのお悩み専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする