別れ際に音信不通になる男!注意すべき3つのタイプとは?

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

恋愛中の女性にとって何より辛い状況……それは“音信不通”ではないでしょうか。

交際当初は毎日あった連絡が間遠になった、電話してもメールしても返事がない! と七転八倒する女性からのご相談は絶えません。

さらにその状態が続くと……そうフェードアウト、つまり自然消滅の形で交際が終わってしまいます。

女性側は「最後に話だけでもしたい!」「どうしてこうなったのか理由を聞かせて欲しい!」という身もよじれるような苦痛を抱えるのですが、このタイプの男性は泣こうが叫ぼうが大抵応じてくれません。

“ひどいじゃない、つき合っておいて最後をうやむやにするなんて! それでも男なの!!”

全く同感ですが、「フェードアウト男」は残念ながら案外多いようなので、今回は彼らの本音と特徴について探ってみたいと思います。

160715mami

「フェードアウト男」の言い分

『泣かれたり問い詰められたりするのが苦手。忙しいし、はっきりいって今さら面倒な感じ。気持ちを聞かれても冷めたとしかいえない、それで納得して貰えるとも思えないので』(30代前半/男性)

『元々は気が合う子だから楽しく話せるなら会いたいけど……責められるに決まってるから嫌。恋人としては終わりかけてたことが分かってるはずなのに、どうすれば元に戻れる? とか何度もメールがきて疲れてしまった。理由を聞かれても上手く答えられない』(10代後半/男性)

『実は他に好きな子が出来たんだけど、それを伝えるとややこしくなるのは目に見えてる。悪いとは思ってるし、これ以上傷つけるより黙ってた方がまだいいと思っている。』(20代前半/男性)

面倒だとか、疲れた、って全部自分中心です。

気持ちが冷めたにしても心ある人なら責められるのを承知できちんと告げるでしょうに。

「他に好きな子が出来た」に至っては呆れてしまいますよね。彼女がいるのに浮気したってことなんですから、不倫までいかないとしても、会って謝るのが筋だと思います。

「傷つけるより黙ってた方がいい」なんて自分勝手過ぎます。

「フェードアウト男」3つの特徴

こんな逃げ腰、自分本位なフェードアウト男に苦しめられないために、付き合う前に見抜くことは出来ないのでしょうか?

そこで今度はフェードアウトされた女性側の体験談をご紹介します。

(1)【頑固& 責任転嫁】

『いつも自分の意見が一番みたいな人でした。最初はそこが男らしいって思ってましたけど、ただプライドが高いナルシストだったのかもしれません。何でも言い張って、違ってても最後まで自分の非を認めないんです。フェードアウトだって、私のせいにされてるのかもしれないなって思います』(20代前半/女性)

自分の間違いを認めない人は危険です。

いつだって誰かのせいにして押しつけ責任転嫁して逃げ出すわけですから、トラブルがあったら黙ってフェードアウトする可能性が高そうです。

(2)【豹変する男性】

『普段は穏やかで優しい人でしたが、急に豹変することがありました。乱暴な口調で怒り出したり、物を投げたり、酔ったときなんか怖かったです。わたしは優しいときの彼が本当の姿だと思ってたのですが』(20代後半/女性)

豹変する男性=裏表があるということですから、どんなに優しくても別れ際は冷たく自分勝手な行動をとる可能性があるでしょう。

交際をはじめて、そんな片鱗が見えたら少しお付き合いを考え直した方がいいかもしれません。

(3)【ウソつき】

『話が上手くて楽しい人だったんです。自慢話とか結構すぐ分かるウソだったりしたんですけど、仲良しのときは面白いしいいかなって思ってました。でも別れ方は最悪で、大きな仕事を任されて忙しい、出張が多い、一段落したら埋め合わせする、って言ってたんですけど他に彼女作ってたんです。そのままフェードアウトされました。』(30代前半/女性)

たとえ罪のないウソであっても、しょっちゅうウソをつく人は避けた方がいいでしょう。

彼にとってウソをつくのが日常茶飯事だとしたら何を信じていけばいいのでしょう。年齢だって職業だって、気持ちだって疑いだしたらきりがありません。

不誠実な人が、別れのときだけ誠実な態度をとるなんて考えられません。


いかがですか?

ごく稀な例として、「はっきり終わらせないことで、いつかまた復活する可能性を残しておきたい」ですとか、「これ以上彼女にショックを与えたくない」という気遣いからフェードアウトを選ぶということもあるようです。

しかし、それは独りよがりの発想、いわゆる詭弁(一見正しいことを言っているようで間違っている考え方のこと)だと思います。

ですから……女性の皆さん!
どうかフェードアウト男につまずかないよう、特徴をよく覚えておいてくださいね。

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする