野々村真、不倫シングルマザーに喝!! 「母親として失格」発言に「いいこと言った!」

11日に放送された「バイキング」(フジテレビ)で、タレントの野々村真さんが、不倫出産したシングルマザーに「母親として失格」と厳しい言葉を言うシーンがありました。

番組内では「怒れる独身女性たち」を特集。同性愛者やモラハラ被害者など、色々な怒りを抱えた女性たちが出演しました。

その中に、W不倫をした末に自分は離婚、その後に相手の子ども2人を出産したという39歳のシングルマザーの女性が。

不倫相手は養育費を払うと言いながらも払わず、結婚も「必ずする」と言うものの、現在の妻と別れる気配がないと訴えました。

MCのブラックマヨネーズ・小杉竜一さんが「相手に嘘をつかれているのではないか?」と聞いたところ、彼女は「彼のことを私はよく知っている。他人にはわからないことです」と発言。

不倫相手とは「今、2歳になる長女が3歳になるまでに籍を入れる」と約束をしているとし、「信じて待っています」と話しました。

ひたすら自己中心的な発言を繰り返す女性ですが、さらには現在は生活が苦しいこと、相手の家庭への配慮のなさが判明。

無計画すぎる女性に非難の声が殺到しました。

その中で、野々村さんは「あなたは母親として失格」と女性を指さしで批判。

「自分のことしか考えていない。子どもが生まれれば普通は子どもを中心に考えるべき。なのに、あなたは自分が幸せになることしか考えていない。それはいけないと思う。」と発言しました。

gahag-0063972739

野々村真の発言に「正論!」と同意する声が殺到

『いいこと言った! その通りです』

『色々な意見があるとは思うけど、これは間違ってないと思う』

『子ども作れば不倫相手と結婚できる、みたいなの不快だわ。自分のことしか考えてないよね。子どもは道具じゃない!』

『結論、不倫で幸せになれることはない』

野々村さんの意見に同意する声が、ネットから多く上がりました。

不倫のニュースは今年上半期で数多くあったため、関心も高い様子。

しかし子どものことを考えず、自分中心で物事を考えるシングルマザーには厳しい意見を持っている人が多いようです。

父親のいない子どもの場合、頼れるのは母親がすべてといっても過言ではないでしょう。

子どものことを考えられないのであれば、母親になるべきではないという考えが一般的なようですね。

女性の計画性のなさ、考えのなさを批判する人も

『この人、無職って言ってたけど子供の為に働かないって意味わからん。どのみち男は戻ってこないと思うよ。』

『子供いて、養育費をもらっていても月に数万円程度。なのに無職やパート程度しか働かない人って……子供の将来とか真剣に考えてるんだろうか? いないんだろうな。』

『児童手当もらって7万なのに、家賃7万円のところに住むってワケ分からんw そら赤字になるわ。馬鹿なんだな。』

このように、女性の考えの少なさを指摘する人も多くいました。

子どもを育てるということはお金がかかるもの。

しかし、それでも働かない女性に対して批判の声があがっています。

先のことを考えず、緊迫した状況になってから考えるという女性ですが、39歳にしては考えが足りなさすぎでは? と思われているようですね。

一般的なモラルやマナー、常識といったことが抜けてしまっているような印象も否めません。


不倫して、その相手の子どもを産むと決断したのは紛れもなく母親の意思。

子どものことを考えず、自分勝手な考えで生活する女性に非難の声があがるのはある意味当然ともいえるでしょう。

これから先、彼女がどんな生活をするのかはわかりませんが、今回の番組で子どものことを少しでも考えてくれれば、と願うばかりです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする