人生にも影響を与える?「相性のいいキス」と「相性の悪いキス」の違いとは?

あなたは相手とのキスの相性を気にしたことがありますか?

実はキスの相性は人生に大きな影響を与えます。

では相性のいいキス、相性の悪いキスとはどんなものなのでしょうか?

今回はキスの相性についてご紹介いたします。

キスの相性=遺伝子の相性?

キスは相手との相性を遺伝子レベルで判断しているのではないかと言われています。

人間は通常、自分とは異なる遺伝子を持つ異性に惹かれます。

これは、遺伝子の違いが大きいほど優秀な遺伝子を残せるからです。

キスをする時、お互いの顔を寄せて唇を重ねますが、この時に相手の臭いや唾液から遺伝子の相性をチェックしているのです。

つまり、キスは単なる愛情表現だけでなく、本能的に相手との相性を判断する重要な役割を果たしているのです。

kiss

相性のいいキスはこんなキス!

ずっとしていたくなるようなキス

キスをした時に、相手と離れたくない、このままずっとキスをしていたい……と感じるようなキスは相性のいいキスです。

唇が吸いつくようなフィット感があり、心地よいキスができている証拠です。

少し触れただけでドキドキするキス

キスをする時、唇を合わせることで相手の体温を感じます。

この体温が合っていると、少し唇が触れただけでも高揚感を感じドキドキしてしまいます。

「肌が合う」という言葉があるように、お互いの肌感覚がばっちり合っている証拠です。

息の合ったキス

キスをしている時に、息づかいや呼吸のタイミングが合って流れるようにキスができていれば相性のいいキスです。

キスの始め方や終わり方のタイミングなど、余計なことを気にせず、キスに集中できます。

相性の悪いキスはこんなキス!

疲れるキス

キスをして疲れてしまう場合は相性の悪いキス。

通常、キスすると、ストレスホルモン「コルチゾール」の分泌を抑える効果があるため、ストレスや疲れが減少します。

こうした効果と真逆の疲れが出てしまう場合は、相手との相性がよくないことになります。

なんとなくキスをしたくない

好きだけど、特にキスをしたいとは思わない、ということはありませんか?

人間は、本能だけでなく理性でも物事を判断しているため、外見や性格で人を好きになることもあります。

ただ、好き嫌いと相性は別物です。

なんとなくキスをしたくない場合は、本能的に相手との相性があまりよくないと感じ取っているのかもしれません。

違和感があるキス

何か違う、違和感のあるキスは相性の悪いキスです。

相手の唇の位置や角度などが微妙にずれて、いろいろと気になっている証拠。

気が散るとキスを楽しめるはずもなく、不快なキスになってしまいます。

キスの相性は結婚や健康にも影響を与える

キスの相性がいいと恋愛が長続きする

アメリカのオールバニ大学の研究によると、男性の59%、女性の66%がキスの相性の悪さで別れてしまった、という結果が出ています。

つまり、キスの相性がよければ、自然と恋愛が長続きし、結婚につながるということにもなります。

キスをすると健康になり寿命が延びる

キスをするとお互いの唾液を交換することになります。

唾液に含まれる様々な菌を交換することで、新たな抗体が作られ、免疫力が上がります。

また、キスをすることで、ストレスホルモンの分泌を抑えられるため、ストレスも軽減されます。

つまり、キスは身体的にも精神的にもいい影響を与えるため、日常的にキスをすると寿命が延びるとされています。


いかがでしたか?

キスは相手との相性を遺伝子レベルで判断するという重要な役割があり、結婚や健康にも影響を与えます。

みなさんもキスの相性に重きをおいてパートナーを選んでみてはいかがでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする