夏の恋も一気に冷める!? 海・プールにいた5人の残念彼女

こんにちは、ライターのティッシュまみれ子です。

2016年7月、早めの猛暑に見舞われている日本列島。

こうなったら涼しい水辺を求めて旅立つしかありませんね。

すでに海水浴デートやプールデートを計画するカップルも、増えているのではないでしょうか。

大好きなブランドの新作水着を買って、いそいそと出かける海・プールでのデート。

ムダ毛の処理もきちんとこなした! あちこちに増加し放題の脂肪もチョットは落とせたし、UV対策も万全である! さあ、いざゆかん! ……と、ちょっと待ってください!

実は女性が見落としがちなガッカリポイントが、いくつかあるらしいのです。

今回は20代~30代男性の意見をご紹介。夏がくるたび思いだす、ガッカリ体験の数々を聞いてまいりました!

160712nakamura

(1)武装! ラッシュガードを着た女

『男女別更衣室を出たところで待ち合わせ。彼女の水着姿を楽しみにしていたのに、なんとフード付きのパーカーを被ってきていた。

しかも前はびしっと全閉! ガッカリしたものの、「まぁ、あとで脱ぐんだろうな。恥ずかしがり屋さん!」くらいに構えていた。

が、流れるプールでも、人工波のプールでも、まったく脱ぐ気配がないではないか。自分もプライドがあるので脱いでほしいとは言えず、最後まで夢の水着姿を見られなかった』(20代男性/個人事業主)

ビキニを着たキュートな彼女を期待していただけに、相当ショッキングだったようですね。

脱いでと言えないプライド……についてはよくわからないですが、若かりし頃には謎のプライドが邪魔してしまうものかもしれません。

紫外線から守ってくれるラッシュガードは、お肌を気遣う女性の強い味方。

しかし期待を膨らませていた彼もちょっとかわいそうかも。愛する人の願いを叶えるために、一瞬ジッパーを開けるなどしても罰は当たりませんよね。

(2)ヘンタイっぽい! 彼女のセンスにドン引き

『海デートの日、その子が着てきたのはテラテラ光沢のある薄くて小さい生地のビキニ(色はゴールド)。胸が横からも下からもハミ出ていて、セクシーを越えてヘンタイっぽかった。

もちろん、僕だけが見るなら最高です、それは認めます。でも他の旅行客も見てるからね。そういう、TPOを考えないようなセンスにドン引きしました』(30代男性/メーカー勤務)

なんとも、この目で見てみたくなるような女性です。

しかし確かに、ヘンタイ感のある女性を連れて歩くのも、恥ずかしいものかもしれませんね。

セクシーならなんでも嬉しい、というわけでもないようです。

(3)大人だよね? 監視員を無視するデンジャラスウーマン

『1つの浮き輪に2人でつかまって海水浴していたときのこと。彼女がブイを越えて沖まで出ようとするんです。俺も人に強く言えるタイプじゃないんで、笑って彼女に合わせていました。

そのとき、見張り台にいた監視員の方から注意を受けまして。さすがに慌てて戻ろうとしたら、彼女は「いいじゃん、大丈夫だよ!」と……。大丈夫なはずもなく、間もなく水上バイクのような乗り物に救助されました。マナー知らずというか、モラル的に子ども以下だな、と萎えてしまいました』(20代男性/飲食店勤務)

ブイって、あの黄色や赤の浮きですよね。「ここから先は危険」という意味の目印ですよね。

ふむぅ、テンションが上がる海デート。旅の恥はかき捨て。しかしあまりにデンジャラスな行為は、モラル云々もそうですが、彼に身の危険を感じさせてしまいます。というか、本当に危険。

良い子は真似してはいけませんね。

(4)サミシイ……日焼け止めを塗ってくれない、塗らせてくれない女

『ガッカリしたことは、サンオイル……もとい日焼け止めを塗りあえなかったことです。「気持ち悪いから無理」と言われてさみしかった。

いや、サンオイルを塗る人はいまどき希少かもしれませんが、昔の僕は女性との塗りあいっこに憧れていたので……』(30代男性/公務員)

この方はドラマかマンガでそうしたシチュエーションを見聞きし、「いつか彼女ができたら塗りあいたい」と憧れていたそうです。

しかし気持ち悪いって、その女性は本当に彼女だったのでしょうか?

もしかしたら、付き合い初めのカップルなどはぬるぬる感を気持ち悪く感じるものなのかもしれませんね。

(5)隠しすぎはウザイ! 堂々としやがれ、な女

『そのときの子は、背中がニキビとニキビあとだらけで。それが恥ずかしかったらしく、プールサイドにいるときはストールのような布でずっと覆い隠していました。太陽カンカン照りでむちゃくちゃ暑いのに不自然だし、布がはためいてうっとうしかった』(20代男性/サービス業)

『身体を隠そうとする仕草があんまり好きではないです。背中をまるめてみっともない。堂々としたほうがキレイですよ』(20代男性/営業)

なんと言われようとも、コンプレックスのある部分を隠したい気持ちはなかなか変えられませんよね。たまに、恥ずかしそうな仕草が色気をかもしだしている小悪魔ちゃんも見かけますし……。

でも、小悪魔以外の女性は恥ずかしがりすぎないほうがいいのかもしれませんね。

お腹の贅肉がビキニに乗っかっていたとて、すでに出ているものは仕方がありません。

堂々とさらけ出しましょう!


そろそろ夏も本番です。彼氏にガッカリされないように、気をつけたいところですね!

●ライター/ティッシュまみれ子(ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする