勝手な思い込みはNG! 大切な人と自分から縁を切ってしまう人への改善案

【相談者:10代女性】
友人とも彼とも長い付き合いができません。

口論をしたりすると嫌われるのが極端に怖く、相手が去る前に自分から縁を切ってしまいます。

今まで何度もLINEから消えたり、ツイッターで相手をブロックしてしまいます。

冷静になると「なんであんなことをしたんだろう?」と反省するのですが、癖でやってしまいます。

本当は直したいです。どうすればやめられますか?

a 極端な結論をすぐに出すのではなく、「結論の先送り」という選択肢があることを知る

ご相談いただきありがとうございます。仲人士の忽那里美です。

アドバイスをする立場でありながら、私も相談者様と似たところがあり、お気持ちはよく理解できます。

今回は共に改善していきましょう……という流れで書かせていただきます。

キーワードは「結論の先送り」です。

160711MonKustuna

(1)勝手な思い込みで、行動をおこさない

まず、相談者様は「相手に嫌われる前に自分から去りたい」というお考えですね?

ここに幾つかの思い込みがあることにお気づきですか?

・相手は自分を嫌っている
・相手は自分から去ろうとしている
・先に自分から去れば問題は解決する
・自分が勝手に去っても相手は傷つかない

こんな勝手な思い込みをしていませんか? 本当に相手はあなたを嫌っていますか? ちゃんと確認しましたか?

友人や恋人とのお付き合いは、相手あってのことですね。

自分一人で判断して(それも思い込みで)結論を出すのは、マナー違反です。

そこには「自分の思い通りに事を運びたい」というワガママさが見えます。

結局「自分が傷つきたくない」「自分が一番かわいい」ということです。

“人は自分が傷つけられることには非常に敏感ですが、人を傷つけることは割と平気”という残酷な一面を持っているように思います。

私も直接相手から「どんなに傷付いたか分かる?」と言われて、ハッとしたことがあります。

そんなことも分からないくらい、自己中心的な人間だったのかと深く反省もしました。

相談者様も、友人・彼のお気持ちを想像してあげてください。

(2)白か黒か? ではなく、グレーもあるという選択肢を持つ

さて、もう一つお話をさせていただきます。

相談者様は「物事を決めつけてしまう」性格ではありませんか?

友人・彼と口論した → 嫌われたかも? → 付き合い続ける? 別れる?

こんな風に考えていませんか?

この「付き合う? 別れる?」の結論をすぐに出してしまう人がいます。

それも、あまりにも極端な選択であることに気付いていません。

「好きか嫌いか」「良いか悪いか」「白か黒か」と判断基準が二者択一になっています。

どうしてこうなるかというと、AかBかはっきりしない状況にある時、誰もが不安になります。

その不安を取り除こうと、AかBのいずれか一方に「決めつける」ことで問題を解決しようとする。(心理学では「認知バイアス」といいます。)

このように、結果を明確にすれば自分を守りやすくなるので、ついついこの方法を取ってしまうのです。

一方で、すぐに結論を出さず「こんな解決方法もある、こんな選択肢もある」とグレーの状態でいったん保留し、待つことができる人もいます。

あなたの擁護をさせていただくと、「問題解決」を二者択一で行う方が周りにいて、その方法しか学ばなかったという可能性もあります。

また、学校教育では「解がある」ことが前提で、いかに早くたった1つの正解を出すかを求められていましたね。

しかし、人生では「解が幾つもあり」、もう少し言えば「解がないこと」すらあるのです。

白黒ハッキリしたい人にとっては何とも歯がゆいですね。


これからお付き合いしていく友人や彼で、100%満足する人も、良いところが0%の人もいないでしょう。

ある程度のところで妥協や理解をし合う必要があります。

何かトラブルがあったとき、自分とは違う意見に触れたとき、「縁を切るか切らないか」という極端な結論を出すのではなく、「相手に確認してみる」「相手と話し合ってみる」「何もしないで待ってみる」など、選択肢を増やして柔軟に対応してみよう!!

そんな勇気を持ってみませんか? 一緒にやってみましょう。

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (12)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする