レタスは「牛乳」ピーマンはまさかの「○○」!? “花言葉の意味がわからない植物”6選

花言葉とは、象徴的な意味を持たせるため植物に与えられる言葉です。

また、花のみではなく、草や樹木にも花言葉が付けられる事があります。

一般的な花言葉の例として

『バラ=情熱』

バラの燃えたぎる様な赤さが情熱的と象徴付けられ、この花言葉が授けられたのは想像すれば分かりますよね。

しかし! この世には一般人には想像もできない花言葉を与えられた植物があるのです。

ネットでも話題になった、想像を超える花言葉を見ていきましょう。

セリフ風の花言葉

花言葉とは、その植物から人々が象徴的なものを感じ取って名付けるものです。

しかし、この世には植物そのものが喋ってしまっている、セリフ風の花言葉が存在しています。

実際にその花言葉を見ていきましょう。

ごぼう「いじめないで」

160707gobou

ごぼうが私達の食卓に届くまでの間に一体何があったのでしょう?

恋人にごぼうを使った料理を出された時、相手は

『いじめないで』

と心の中で言っているかもしれませんので、気にかけてあげましょう。

柿「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」

160707kaki

柿を出されたときは、恋人はあなたの束縛にうんざりして「広大な自然の中で私を永遠に眠らせて」とおもっているかもしれません。

言葉では伝えらなくて、柿で表現したと思うと相当思い詰めていたのでしょう。

マイナスの花言葉

マイナスのイメージを与える花言葉も存在するのです。

もし、この花を渡されたあなたは自分の恋愛を振り返ってみると良いでしょう。

クロユリ「恋・呪い」

160707kuroyuri

『恋・呪い』の花言葉。

クロユリをプレゼントされたあなたは一度、自分の行動を振り返ると良いでしょう。

恋愛中にどこかで、恨まれ呪われるような事はしていませんか?

マリーゴールド「絶望」

160707marigold

一見こんなに綺麗な花でも、花言葉は『絶望』です。

もし、マリーゴールドを渡されたあなたはどこかで、絶望されているかもしれません。

しっかりと自分を見つめ直し、信頼を取り戻しましょう! 

イメージを崩壊させた花言葉

人間にはある程度『犬=ポチ・猫=タマ』のように、対象物に対してのイメージが存在するはずです。

しかし、この世にはそんなイメージを壊す花言葉を与えられた、不謹慎なものが存在するのです。

想像もつかないその花言葉をみていきましょう。

レタス「牛乳」

160707retasu

1mmもレタスと牛乳の接点は見えてきません。

考えれば考えるほど、レタスと牛乳は遠ざかっていきますね。

誰が何を思って、レタスに牛乳という花言葉を授けたのでしょう?

謎は深まるばかりです……

ピーマン「海の恵み」

160707piman

はい……異論なしで、ピーマンは畑の恵みですね。

名付けた人は、ピーマンが魚と一緒に泳いでいる夢でも見たのでしょうか?

目を覚ますために、ピーマンの肉詰めを投げつけてあげたい気分になりますね。


いかがでしたか?

あなたの、想像のななめ上をいく花言葉ばかりでしたね。

花言葉はプロポーズなどで良く使われロマンチックなイメージがありますが、例外も沢山あるようです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする