恩着せがましいプレゼント、上から目線の割り勘…… 女性が「ケチ男認定」する5つのNG行動

【相談者:20代男性】
僕は付き合ってもいない女性とデートしたとき、必ず割り勘にします。奢るのが嫌なわけでなく、奢ることで相手の女性にむだな期待をさせたくないのです。

でも、この話を人にすると「ケチな男だね」と言われてしまいます。

自分ではそれがケチな行為だと思わなかったので、ショックを受けました。

他にもデートでするとケチ扱いされる男性の言動ってあるのでしょうか。

a 相手が不快な思いになる言動はすべてケチです!

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

ケチだと思う行為のボーダーラインは、人によってさまざま。

相談者様のように相手のことを思ってとった行動でも、他人から見ればただケチな人だと思われる場合もあるのです。

とはいえ、相手に不快な思いをさせる行為は節約でも倹約でもなく、ただのケチです。

なにより、一度ケチな男のイメージがついてしまうと、女性から恋愛対象に見られることも難しくなります。

女性から「ケチ男」と呼ばれないためにも、言動には注意したいもの。

そこで今回は20代女性の方々から、デート中に幻滅した男性のケチな言動についてお話を伺ってきました。

160711lisa

(1)「○○円でいいよ」と上から目線

『お会計のときに「全部で5,000円だから、2,000円でいいよ」みたいな言い方をする男性は例外なくセコいと思う。ほぼ割り勘なのに、上から目線で言われるのもむかつく』(21歳女性/大学生)

割り勘ではなく、自分がちょっとだけ多めに払う。

そのような状況では、「○○円でいいよ」とつい上から目線で言ってしまう男性もいます。

しかし、その言い方が女性からケチだと思われる原因をつくっていたのです。

デート中のお会計は、男性のケチさが一番わかる場でもあります。間違っても上から目線で発言することはやめましょう。

(2)料理と値段を比べて文句を言う

『元カレは、料理と値段を比べて文句を言う人でした。毎回、注文した料理がきたあとに「この小ささであの値段?」「コンビニならもっと安く買えるのに」とか言われるのが嫌だったな』(28歳女性/医療事務)

必ずしも、この世にある商品すべてに値段分の価値があるとは言い切れません。ときに、まったく満足感を得られない商品に遭遇してしまうこともあるでしょう。

しかし、女性がいる前で文句を述べたり、後悔する姿を見せてはいけません。

その器の小ささが、ケチな男のイメージを強く植え付けてしまうのです。

たとえ満足できない商品が提供されても、彼女の前ではぐっと我慢するようにしましょう。

(3)女性が頼んだメニューを数えている

『食事に行くたびに奢ってくれる男性がいたんですけど、必ず帰り際に「今日は珍しく3杯も飲んだね」「いつもより1品多く食べてたね」と頼んだメニューの数を言われていました。遠まわしに頼みすぎと言われている気がして、気分が悪かったです』(24歳女性/美容師)

注文する料理や飲み物の数が増えれば、当然お会計の額も増えます。

いくら最初から奢る気があったとしても、女性がどんどん頼む様子を見せると、男性も気が気ではなくなるでしょう。

とはいえ、それをあとから嫌味っぽく女性に伝えても自分の印象が悪くなるだけ。

終わったことにはケチをつけない姿勢を持つことも、デート中の振る舞いでは大切なのです。

(4)恩着せがましい贈り物をする

『デート中にかわいいキーホルダーを見つけ、自分で買おうとしたら彼が買ってくれたんです。そこまでは良かったんですけど、それ以来会うたびに「キーホルダー大切にしてる?」「あれくらい安いからいいよ」と恩着せがましく言われるようになり、自分で買えば良かったと後悔してます』(20歳女性/大学生)

自分があげたプレゼントは大切にしてほしい。これは男女共通で相手に対して思うことです。

ただ、その気持ちが恩着せがましくなると、女性は途端に嫌気を感じます。

プレゼントされて嬉しいと思う気持ちも、徐々に迷惑だと感じるようになるのです。

「買ってあげた」「選んであげた」など「○○してあげた」という発言も、ケチ男と認定される要因のひとつとなるので注意しましょう。

(5)数分の待ち時間もケチる

『元カレは5分も待つことができない人でした。デートで数分遅刻しただけでも機嫌が悪くなるし、レストランや観光スポットでも待ち時間があると入るのをやめるし……。彼とのデートはいつも楽しめませんでした』(29歳女性/営業職)

男性のケチさは、何もお金に対することだけではありません。時間に対するケチさも、女性から幻滅される原因をつくるのです。

特にデート中の思い出は、お金には変えられない価値があります。

それを「時間がもったいないから」の一言で片づけられてしまうと、女性の気持ちも一気に冷めてしまうのです。

デート中はお金だけでなく、時間に対してもケチな振る舞いを見せないようにしましょう。


気になる女性とのデートは、男性にとって自分をアピールする絶好の機会。

それを自分のケチさが原因で台無しにすることだけは、避けたいのではないでしょうか。

女性の心を離さないためにも、デート中の言動には普段以上に注意しましょう。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする