香水1つで簡単イメチェン!! 自分にピッタリの香水を見つける方法

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

今日は香水についてのお話です。

自分を表現する際に「香り」を意識しているという方はどれくらいいらっしゃいますでしょうか?

いつも同じ香水をつけているという方もいらっしゃるでしょうし、気分やシチュエーションによってまとう香りを変えるという方もいらっしゃいますよね。

香水もイメージコンサルティングの中では「自分を表現する一つの要素」としてアドバイスをしています。

実は香水はファッションのテイストと密接にかかわっています。

フェミニンなお洋服を好む方はフルーティ系の香りが好きだったり、スポーティなタイプの方はアクア系やシトラス系が好きなど、実はファッションの好みと香りの好みは似ているようです。

今日はそのアドバイスの中から、ファッションタイプ別に自分にピッタリの香水を見つけられる方法をお伝えしていきますね!

160706wada

(1)フェミニン系、可愛い系:フルーティ系

Aラインのスカートやツインニットなどに代表されるフェミニン系のファッションが好きな方は、フルーティ系と呼ばれる甘い印象の入ったフルーツの香りが似合います。

例えば、イチゴなどのレッドベリーの香りやメロンなどですね。

甘くてフレッシュな印象が、可愛らしくて親しみやすいので、ファッションの印象ともマッチしますよ。

(2)ナチュラル、スポーティ系:シトラス系

リネンの白シャツにジーンズだったり、ボーダーのTシャツに白のパンツなど、カジュアルなファッションが多い方はシトラス系の香りが似合います。

例えば、グレープフルーツやオレンジなどの柑橘系が代表的ですね。

フルーティ系ほど甘すぎず、フレッシュな感じが強調された香りなので、さわやかなこのタイプのファッションにはちょうど良いですね。

(3)黒ベースのモダンファッション:オリエンタル系

日頃から黒を基調とした直線的なファッションをしているタイプの方は、オリエンタル系などの重みのある香りがおすすめです。

例えば、お香の匂いやバニラやシナモンなどの香料を織り交ぜたような香りです。

特徴的でちょっとクセのある香りですので、ファッションの印象ともとても良く似合いますね。

(4)エレガント系ファッション:フローラル系

シャネルスーツやオフィスカジュアルなどの服装に代表されるエレガント系のファッションタイプであれば、フローラル系がマッチします。

例えば、ローズやユリなどのお花そのものの香りなどがわかるものが多いですね。

甘すぎず、女性らしい柔らかな香りがメインになるものが多いので、ファッションの柔らかさとも良く似合います。


いかがでしたか?

香水一つでも自分の印象を変化させることができますので、オフィスでのドレスコードが厳しい! という方は、香水から変えてみても良いかもしれませんね。

ぜひ試してみてください!

【参考文献】
・『世界香水ガイドⅡ』ルカ・トゥリン、タニア・サンチェス(著)

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする