約半数以上が“妥協婚”の衝撃!! 披露宴をしない夫婦の裏に「友達に見せたくない」

最近披露宴を行わない「ナシ婚」が増えているのをご存知ですか?

どうして披露宴を行わないのか、不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。

実は、披露宴を行わない人が増えている原因は、夫と妥協して結婚したという「妥協婚」が増えているからなのです。

今回は『【既婚女性限定】あなたは結婚相手に妥協しましたか?』というアンケートを行いました。

驚きの結果が返ってきたので見ていきましょう!

【既婚女性限定】あなたは結婚相手に妥協しましたか?

160701anketo

結果は『はい(妥協した)』が49%『いいえ(妥協していない)』が51%と、約半数ずつとなりました。

まさか、世の既婚女性の半数が、結婚相手を妥協した『妥協婚』をしているなんて驚きです。

まずは結婚に妥協はしていないという、既婚女性の声を見ていきましょう!

『妥協(婚)』していない:51%

『若い時からお付き合いする男性は、常に結婚を頭にいれていました。
理想のひとに出会えて幸せです。』

『見た目がタイプとかでは無いですが、ちゃんと思いやりのある彼。
自分の選択には満足しています。』

『ちゃんとお互いの考えを話し合ってから結婚しました。
結婚後もそのおかげですれ違いは少ないので、満足しています。』

若い内から結婚を意識していた女性は、「結婚に妥協していない」という声が多かったです。

お付き合いをする際に、しっかりと結婚を意識して見定めることができた、ということなのかもしれません。

次に『妥協婚』をしてしまった既婚女性の声を見ていきましょう……

『妥協(婚)』した:49%

『外見的にまったくタイプでもなく、収入も決して高くない彼。
しかし、これを逃したらもうチャンスはないと思い、妥協婚を選びました。』

『40歳手前になり焦りもあり、妥協婚しました。
友人には恥ずかしくて紹介できないので、結婚式も披露宴もしていません。』

『結婚適齢期を過ぎて、もうこの人しかいないと妥協しました。』

既婚女性の声を見て分かるように、年齢を気にして焦って結婚=『妥協婚』となってしまっているパターンが多いようです。

『妥協婚』をしないためにも、時間のある若い時から結婚を意識して相手を選ぶことが大切なのかもしれません。

そして、既婚男性はこの結果から相当ショックを受けているよです。

実際に既婚男性の声を見てみましょう……。

どこに妥協しましたか?

image (21) (1)_mini

『顔が良ければ女性にモテて浮気するだろうと考えたので、顔や容姿にはこだわりませんでした。』(専業主婦・36歳)

『年収。中堅企業に勤めているので、この先大幅な年収アップの予定もなさそう。』(パート・29歳)

『見た目はいつか老ける。今がどれだけイケメンでも20年後はだいたいみんな同じくらいに落ち着くから妥協した。』(ピアノ教室教師・29歳)

『身長が私より6㎝低い夫。私がヒールのない靴を履くようにすればいいと思いました。』(専業主婦・38歳)

「見た目」の部分は、良すぎても浮気などのリスクになりうることから、妥協しやすいようです。

一方で、一生の生活にかかわる「年収」は比較的妥協している人が少ないことがわかります。

妥協婚であっても、現実的に妥協して良い部分とできない部分を冷静に見極めているようですね。

『妥協婚』と思われていた男性の声

『結婚生活を送っていても妻が全然楽しそうじゃない。
40歳手前で結婚したし、きっと妥協婚なのだと思う。』

『プロポーズした一週間後にOKをもらった。
これもきっと妻が妥協して私を選んだと思うと胸が苦しい』

『妥協か……まぁ選んでもらっただけありがたいと思うか……』

などと、皆さん相当なショックを受けている様子。


妥協婚カップルは、一時の焦りは解消されたとしても、結果的にはお互いにつらい思いをしがちです。

やはり、お互いによく話し合い、納得したうえでの結婚が一番ですね。

『妥協婚』をしてしまった人は、後悔の気持ちにとらわれず、相手の良い部分に目を向けてみてはいかがでしょうか……。

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:150人
※集計期間:2016年6月30日~2016年7月01日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする