キスマイ宮田、ついに「オタ活」自粛命令!! あなたはオタク系男子を恋人にできる?

Kis-My-Ft2宮田俊哉(27)さんが、ジャニーズ事務所からオタク活動を自粛するよう命じられていたことを明かしました。

宮田さんは、東京ドームで今春開催されたアニメ「ラブライブ!」発の女性声優ユニットμ’s(ミューズ)のファイナルライブに一般客として参加。

その目撃情報がツイッター上で話題になりました。

004

キスマイ宮田“オタ活”自粛命令の背景

25日深夜放送の「久保みねヒャダこじらせナイト」(フジテレビ系)で、宮田さんは以下のように語りました。

「最後だから気合い入れて、いろんなキャラクターグッズを身にまとい、会場に行きました。そうしたらライブ中に携帯がすごく鳴るんですよ。なんだと思ってチラッと見たら、マネージャーさんから『写真撮られすぎです。気をつけてください』って」

宮田さんは自身のオタ活があまりにも話題になってしまったことにより、「しばらく公になるようなことは自粛しなさい」と“ヲタ活”の自粛を命じられてしまったそうです。

しかし、それでもめげないのがオタクの底力。

宮田さんは自粛命令をされたにもかかわらず、翌週には水樹奈々さんのライブを観るために東京ドームに行ったことを笑顔で明らかにしました。

オタク系男子は恋人としてあり? なし?

ジャニーズのアイドルでありながら、周りの目を気にすることなく正々堂々とオタ活に専念する宮田さんが話題になりましたが、実際に世間ではオタク系男子はどの程度恋愛対象として女性に受け入れられているのでしょうか。

オタク系男子は恋人としてありかなしかについて、ネットの声をまとめてみました。

「オタクは勘弁!」恋人としてなし派の意見

オタクの趣味を持つ彼氏は無理! とする女性の意見としては、

『自分よりもアニメの女の子を大切にしそうだから』

『鞄にアニメの缶バッジがたくさんついてるのってダサイ』

『一般的なドラマや歌手の話を共有できない』

『見た目にあまり気を使わなさそう』

『語りだしたら止まらないのが苦痛』

このような意見が多く見られました。

やはり女性としては、自分よりもアニメキャラに夢中な彼氏はイヤという気持ちがあるようです。

またオタクは自分の世界観にのめり込みすぎて、一般的な話が通じないのでは、と危惧する声もあります。

「オタクでもOK!」恋人としてあり派の意見

一方、オタクでも付き合える! という女子の意見も多数あります。

『オタクでも、自分とちゃんと向き合ってくれたらOK』

『紹介してくれたアニメが意外と楽しかった。一緒に盛り上がれれば問題ない』

『自分の知らない世界の話を聞けるのが面白い』

『歴史や文学に詳しくて博識な面がある』

『趣味は本人の自由だから』

このように、オタクに対して寛容な考えを持っている女性もいます。

「オタクと付き合うことで自分の世界が広がる」というポジティブな意見や、「本人の趣味は自由にさせてあげたい」と包容力を感じさせる意見もあり、決して「オタク=モテない」という時代ではないようです。


宮田さんの本気のオタ活により、再度世間の注目を集めたオタク系男子。

恋人にするとなると、女性からは賛否両論あるようです。

しかし、趣味というものは本人の自由、それを真っ向から否定するのはNG。

オタクという偏見を取り払えば、新しい出会いや発見がありそうですね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする