神田うの、なぜ嫌われた?「しくじり先生」出演で真相を激白

タレントで実業家の神田うのさんが、6月27日20時から放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日)に老若男女まんべんなく嫌われちゃったKY先生として出演し、人から嫌われないための方法を伝授します。 

うのさんといえば嫌われ有名人ランキングでは常に上位、発言はたびたび炎上しています。

しくじり先生でも「老若男女嫌われてしまった」とされているうのさん、なぜここまで嫌われキャラになってしまったのでしょうか?

バッシングされた出来事をおさらいしてみましょう。

o0720096013680631520

出典:神田うのオフィシャルブログ UNO Diary

他人の気持ちを考えない? 自分本位な神田うのに世間は嫌悪感

『格言めいたことを上から言われたら腹が立つけど、事業的には成功しているのでまぁ失敗者ではないのかな? でもむかつくので嫌い』

『上から目線の子育て論を語るからだと思うけど?』

『セレブすぎて同情心は湧かないよね。それより優雅な生活を垣間見てイラッとしたわ。しかもそれを自慢するからなおさら!』

『スタイルもいいし、お金持ちで商才もあってすごいなって思うけど、発言や行動にそこから来る自信とかが出ちゃってて苦手。本人は自然にやっていることでも、周りから見たら不快なことってあるよね、慎みって大事だと思う』

『空気も読めない、相手の気持ちも分からない、そんなんなら嫌われて当然だよ』

『うのは他人に対しての態度や発言自体に性格悪さが出ている。だから叩かれる、ようは身から出た錆』

と、ネットでも存分に叩かれているうのさん。

特に、「周りの気持ちを考えない」「空気を読まない」「自慢するから嫌い」という意見は多くあり、うのさんが嫌われている大きな要因のようです。

しくじり先生で神田さんは「自分が嫌われた理由」としてこの2つを含めた理由をあげ、「総合的にKY(空気が読めない)のため、嫌われてしまった」としています。

神田うのが大バッシングされた出来事まとめ

嫌われランキングの常連者であるうのさんですが、何か発言をするたびにバッシングを受けており、その炎上度合いはかなりのもの。

どんな出来事でバッシングされているのか、まとめてみました。

長谷川潤の子育て論に反論、うのが正しいと言われつつも炎上する

モデルの長谷川潤さんの子育て論に反論したために炎上したこの出来事。

長谷川さんは「子供との距離も大事」「会えない期間があることで、子供にあったときにありがたみがでてくる」と発言。

それに対し、うのさんは「私は丸一日も離れていられないですね」「地方の仕事をする時は私の母をベビーシッター代わりに連れていきます」と反論したのです。

長谷川さんの子育て論は世間からも批判が続出し、「1歳前後の子供がいる母親なら、子供中心の生活で当たり前」「どんな時でも親は必要、距離を置くって意味が分からない」と非難の声があがりました。

この場合、支持されるはずのうのさんの発言でしが、なぜか『お前が言うな!』『なんで自分が正しいって感じで発言するの?』と長谷川さんのバッシングを上回るほどの批判が殺到。

うのさんの「世間知らずのお嬢様」といったキャラクター性、また、ママタレントとしての評価もあまりよくないということもあり、正論でさえ炎上してしまいました。

ベビーシッター盗難被害、被害者なのに神田うのにバッシング

世間を騒がせたベビーシッターからの盗難事件。

信頼していたベビーシッターの犯行で、総額3000万円のブランド品や宝石類を盗まれています。

うのさんはもちろん、娘さんたちもショックを受けたこの事件。

しかし、ネットでは被害者であるはずのうのさんにバッシングが集中。

『自分で子育てしてなかったからでしょ』『自業自得』『脇が甘いね~』などのコメントで炎上しました。

ママタレントとして売っていたうのさんですが、ベビーシッターを4人も雇っていたということもあり、子育てをしていないのでは? ということも批判の対象に。

また、

『普通物がなくなったら気が付くはず。お金持ちだからものに執着がないのでは?』

『そんな金額になるまで犯行に気が付かなった意味が分からない』

とも言われてしまい、セレブタレントであるが故のバッシングとなってしまいました。

娘のお弁当が豪華すぎ!飛騨牛ステーキ公開で炎上

娘さんのお弁当をブログで公開した際に、炎上してしまったこちらの出来事です。

高級肉である飛騨牛のステーキをお弁当にした写真を公開したうのさんですが、これが一部のネットユーザーから批判を浴びる結果に。

『一般人と感覚違い過ぎ』『自慢にしか感じない!』などと叩かれてしまいました。

うのさんは「お品書きに、どこどこ産のなんとかって細かく書いてあるじゃないですか、それで書いただけなのにこんなふうに取られるなんて……」とネットユーザーの反応に困惑していた様子。

セレブタレントらしい豪華なお弁当ともいえますが、一般人からしたら贅沢過ぎるメニュー。

世間の反応を予想できなかったあたりが「空気が読めない」「他人の気持ちを考えることができない」と批判されてしまうポイントなのかもしれません。

就活生に「1社に絞って受けるべき、企業に対して失礼」と苦言して炎上

こちらは「ノンストップ!」(フジテレビ)での発言です。

就職活動について特集をしていた同番組ですが、1人で100社以上の企業に応募する現代の就活事情を聞いたうのさんが、「企業にたいしてそれは失礼なのでは?」と意見したのです。

「結婚なんて1人としかできないのだから、ちゃんと1社ずつ選んで就活するべき」と主張するうのさんですが、これに対してネットでは大バッシング。

『世間知らずにもほどがある』『数十社応募したって雇ってくれないんだ!』『理想論だね、現状を知らない』との声が続出し、これまた炎上してしまいました。

確かに1つ1つの会社に向き合って、しっかりと内定がとれればそれに越したことはないのかもしれませんが、それができないのが現実。

うのさんは10代の頃から芸能界で活動しているということもあり、就活で苦労した経験がある人、また就活生にとっては気持ちをくまないコメントでした。

彼女の立場や育ってきた環境のために、“世間の風潮や状況を知らない”というのが、うのさんが嫌われてしまう1つの原因なのではないでしょうか。


すっかり嫌われキャラになってしまったうのさん。

これまで彼女がバッシングを受けた出来事からみると、つつましく、控えめな態度をとることが、炎上キャラから脱出する一つの方法ともとれます。

『しくじり先生』では「なぜみんなに嫌われてしまったのか」を分析し、みんなに嫌われない方法を伝授しています。

うのさんの今後の生きざまに注目です。

【画像出典元リンク】
・神田うのオフィシャルブログ UNO Diary/http://ameblo.jp/unokanda/

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする