男心を鷲掴み!思わず惚れそうになる4つのメールテクニック

【相談者:20代女性】
男から好かれる女子って、メールの文章が上手い気がするんです。

私は特に意識することなく、メールを送っているんですが、何かテクニックってあるんでしょうか?

男子から好かれたり、好印象を持ってもらえたりするメールのテクニックがあれば、教えてください!

a とにかくメールは特別感!「あなただけ」を意識しましょう。

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

恋愛において、メールの文章は、戦略を盛り込める場。文字や絵文字、スタンプを駆使して、男子の心理をくすぐるわけですから、それなりのテクニックもあります。

これは、企業が消費者に送るDMなど、広告のテクニックでも同じことが言えるのですが、メッセージを送る場合は、「あなただけ」感を意識することが重要です。

逆に言うと、「誰にでも送っている」「みんなに言っている」と感じさせるメールでは、男心をくすぐることはできません。

「あなただから言っている」「あなたの場合だから言ってしまう」といったように、メールを受け取る側が、「俺って特別視されてる?」と思わせる文面に仕上げることがポイントなのです。

また、同調することも、ポイントのひとつです。

誰だって、自分と同じ意見や感覚を持っている人を特別視してしまうもの。

わざわざ自分の意見を変えてまで相手に同調する必要はありませんが、同じ意見を持っているときには、それを強調した文面にしてみましょう。

これらを意識するだけで、スマートフォンの向こう側、あなたが気にしている男子は、あなたのことを特別視し始めることでしょう。

メールだけですんなり彼氏を作れるわけではありませんので、あまり大きな効果を期待するべきではありませんが、少なくとも、相手の感情を揺さぶることができますので、恋愛の突破口を開くという意味でも、意識することをオススメします。

ここでは、男子たちがどういったメールに胸を高ぶらせているのか、インタビューしてきました。

これらのパターンを意識して、メールを送るようにしてみてはいかがでしょうか。

mail

(1)たまに使うハートマークは効果的

『たまにハートマーク付きのメールを送ってくれる女子。たまにしか使われないハートマークって価値がありますよね? めっちゃドキッとさせられます』(26歳男性/営業職)

『絵文字やスタンプにハートマークが入っていると、やっぱり意識しちゃいますね。普段からそういった絵文字やスタンプを多用している女子なら、みんなに送ってるんだろうなって思いますけど、たまに送られてくると、効果バツグンですね』(30歳男性/自営業)

以前よりもハートマークの特別感は薄れているものの、やはり男心に訴求できるアイテムであることに違いはありません。

重要なポイントは、送り過ぎないこと。

また、普段はめったに送らないのに、というキャラ設定ができているなら、ハートマークの効果はより大きくなることでしょう。

あなたが、「ここぞ!」と思ったタイミングで使うようにしてください。相手の男子に「俺に気があるの?」と意識させられたら勝ちです。

(2)男子のことを気にかけているメールは効果的

『自分のことを気にかけてくれてるなぁって感じるメールを送ってくれる子には、特別な感情を抱いてしまいますね』(33歳男性/技術職)

『体調の心配をしてくれたり、仕事の調子を尋ねてくれたり、自分のことを気にしてくれるメールを送ってくれる子には、めっちゃ好感を持ちますね』(29歳男性/美容師)

「風邪ひいてるって聞いたけど、大丈夫?」とか、「面接の結果、どうだった?」といったように、相手のことを気にかけているメールは、とても効果的です。

普段から自分のことを気にかけてくれているんだ、と思わせるのは、あなたのことを特別視してもらうために、欠かせないポイントとなります。

(3)同感・同調するメールは効果的

『「私も!」っていうフレーズが多いと、意識しちゃいますね。「今度、○○に遊びに行きたいね!」って誘ったときとかに、「私も思ってた!」と、同調してくれる返事が来ると、テンションが上がってしまいますから』(30歳男性/営業職)

『「○○君とは、めっちゃ気が合う」って感じで、お互いの相性がいいことをアピールしてくれるメールは嬉しいですね』(27歳男性/飲食業)

人間は、自分と同調してくれる人を好むもの。同じ感覚や同じ意見を持っている人とは、距離を縮めたくなるものです。
自分に自信がない男子も世の中にはたくさんいます。女子とご飯を食べに行ったとしても、「本当に満足してくれたのかな?」と不安に思っている部分もあります。

たとえば、「今日のご飯、美味しかったね!」と、男子からメールが入ったときに、「私もアレ、食べたかったんだ! 美味しかったね」と、同じ意見であることを返事に込めてあげるだけで、男子は大きな喜びを感じるもの。

何もかも同調していては嘘になってしまいますので、過剰になる必要はありません。

本当に同じ感覚や意見を持ったときには、しっかりとアピールするようにしましょう。

(4)「あなただけ」を演出するメールは効果的

『「○○君にしか言えないんだけど……」とか、「○○君だから相談できる……」って感じで、「僕だから」を強調してくれるメールには、特別感を覚えますね』(27歳男性/飲食業)

人間は「あなただけ」という演出に、とても弱い生き物。

自分だけが特別だと感じるのは、心理的にも大きな影響があります。

男として、優越感を感じることもできますし、女子に特別な感情を抱かれているということも自覚できます。

悩み事や相談事を持ちかける際には、ぜひ、この「あなただけ感」を演出して伝えるようにしましょう。

思っている以上に効果を発揮しますし、相手の男子が見るあなたへの視線の質も変わってくることでしょう。


文章というのは、テクニックを駆使することで相手の心理に働きかけることが可能です。

思いを伝えるためのメッセージに、テクニックを盛り込むことに抵抗がある女子もいるかも知れませんが、あくまで、男子とのきっかけ作り。

男子と距離を縮められるきっかけを作ると考えれば、文章のテクニックも悪くないものでしょう。

ただし、やり過ぎは禁物。「こういう時にはこのテクニックを」と、ある程度のポイントだけ押さえておくだけで充分です。

あまり過剰にやり過ぎると、あなた自身の像がぼやけてしまいます。

テクニック不在の「あなたらしさ」が、相手の男心に刺さる可能性だってありますから。

●ライター/ときわひでたか(人間観察専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする