高橋真麻もその一人? 5人に一人はいる「奢られて当然女子」は結局モテない事実……!

特に、性格がひねくれている訳でもないし、ファッションやメイクを手抜きしている訳でもないのに、

「なかなか本気の恋愛ができない……」

と感じているそこのあなた!

もしかするとそこには、金銭感覚が大きく絡んでいるかもしれません。

あなたは男性には奢られて当然! などと考えてはいませんか?

160624maasa

出典:高橋真麻 オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」

以前、高橋真麻さんが

「女性は服やメイクにお金をかけているんだから、ご飯代は男性の役目!」

と発言し世間を論争の渦に巻き込みました。

恋愛jpで集計したアンケート結果から、世の中の人は、『奢られて当然!』と考えている女性をどう思っているのか、検証していきましょう!

アンケート結果【高橋真麻「ご飯をおごってくれない人とは続かない」発言。あなたはどう思う?】

以前、テレビ番組の収録中に高橋真麻さんが「ご飯をおごってくれない人とは続かない」と発言し、それに対して井戸田潤さんが「感謝の気持ちがない」と猛抗議しました。

男女の価値観の違いから口論になることは、日常でも良くありますよね……。

そこで、あなたはどちらの主張に共感するか教えて下さい!

アンケート結果

■高橋真麻「ご飯をおごってくれない人とは続かない」発言。あなたはどう思う?

・1位:「感謝が足りない!」井戸田の猛抗議に共感 ……39%(43人)
・2位:「いつでもワリカン」が気が楽~ ……35%(38人)
・3位:「女性は服やメイクにお金をかけているんだから」ご飯代は男性の役目!真麻に共感……26%(29人)

※有効回答者数:110人
※集計期間:2016年6月8日〜2016年6月13日 ©恋愛jp

このアンケートを見ると、約40%のひとは奢られて当然と思っている女性に対し、「感謝が足りないと」感じているみたいですね。

実際に「おごられて当然」と考えている女性はどのような行動をしてしまっているか見ていきましょう。

少しでも心当たりのあるあなたは、男性から白い目で見られているかもしれません。

食事を奢った後に感謝の言葉がない

食事を奢った後に「当たり前だ」という顔をし感謝の言葉が無い女性に対し、ネットでは不快感をあらわにする声が。

「奮発して高いレストランをおごったのに感謝の言葉ひとつすらない」

「もう二度とデートしたくないと思った」

「何様だよ!と怒りたくなった」

などと、男性は気持ちが失せる上に、非常識な振る舞いに感じるようです。

本来なら、嬉しいことをしてもらったら「お礼を言う」のは当たり前のこと。
「当たり前」ではなく、感謝の気持ちを伝えることは大事ですね。

その一言で男性の気持ちは変わるものですよ。

財布をバックから出そうとすらしない

「嘘でもいいから、それくらいはしてほしい」

「払う気が全くない態度がムカつく!」

「いいよ!いいよ!俺払うから!ができない……」

などと、財布をバックから出そうとすらしない、おごられて当然の態度は男性の気持ちを大分冷ましてしまっているようです。

おごってもらえる事が分かっていても、嘘でもいいから財布をバックから出す仕草くらいはしましょう。

そして男性に「いいよ!いいよ!俺払うから!」のセリフを引き出してあげましょう。

ついでに、恋愛jp編集部・男性編集部員Tの意見もご参考に……。

恋愛jp編集部・男性編集部員Tに話を聞いてみた

「おごられて当然とおもっている女子なんて論外ですよ! 論外!」

「そんな態度が許されるのは、社長令嬢か海外セレブくらいですね」

「僕だったら……」…………etc

などと、30分程熱弁され、私情を盛りだくさんにした(別に大したことない)意見を聞くことができました。

Tの意見からも分かるように、男性は奢られて当然と思っている女性に対して、かなりの不平・不満があるようなので気を付けましょう。


いくら心の広い男性でも、奢られて当然と思っている女性に対して良い印象を受ける人はいません。

もし食事をご馳走してもらえたら、感謝の一言を伝えるだけで男性の気持ちは大きく変わります。

もし、自分に少しでも思い当たる所があったら今すぐ直して、本気の恋と巡り合えるようにしましょう。

【画像出典元】
・高橋真麻 オフィシャルブログ「マーサ!マーサ!タカハシマーサ!」/http://ameblo.jp/takahashi-maasa/

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする