恋が安定すると彼が冷たくなる……? マンネリ時期をかしこく乗り越える方法

こんにちは。女優&ライターのmamiです。

猛アタックされてつき合ったのに彼が変わってしまった。前より冷たくなって……というお悩みをよく聞きます。

お付き合いして3ヶ月から半年くらい、ウキウキが過ぎ関係が安定していく頃に多いご相談です。

「もう愛されていない」と悲しむ方の指標になっているのが、“連絡が少ない”ということ。つまりはメールや電話の数。

最初は毎日だったのに。返信遅いし、コールバックもない……等々。

私は、『忙しくて連絡が間遠でも、ひと月に1度くらいは会えていて、会ったときに優しいなら心配ないと思っていい』とお答えしています。

記念日など特別な日は別ですし、一切連絡が取れないというと話は違ってきますが、返信が2、3日遅れただけで自爆してしまうようなミスは犯して欲しくないから。

敢えて“ミス”と書きました。

そう、返信のない彼に女性がパニクって「別れたいならそう言って」なんて追っかけメールを送る大抵の場合、男性は別れなんてま~ったく考えていません。

男性と女性では恋愛への向き合い方が違います。それは脳の違いからきているものです。

今回は、恋が安定すると男性が冷たくなる理由と、そんな時期の乗り越え方をお話しましょう!

utu

(1)男性はサイ? ひとつの行動しかできません

男性の脳は左右の脳をつなぐ脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が女性より細いために、1度に脳の片方しか使えません。だから基本的に“ひとつのことに集中しがち”。

ここに、どんなに忙しくても「恋は別腹」の女性と、仕事や趣味をはじめると彼女の存在を忘れてしまう男性の違いがあります。

男性が仕事と恋が同時にできるのは恋愛初期だけ、特別のホルモンの影響で、恋が安定するとその魔法は解けてしまいます。

恋愛カウンセラーで翻訳家としても有名なキャシー天野さんは、著書『愛されてしあわせになる恋愛ルール』の中で男性を動物のサイに例えています。

『サイは、ほかのサイと戦っていても、目の前に草が生えているとそちらに気持ちがいってしまって、戦っているのを忘れてしまう(中略)男性の行動もそういうものであると思うとわかりやすいでしょう』

男性脳は、恋愛は恋愛、仕事は仕事、まったく別のものとしてとらえていて、仕事をしているときに同時に恋愛のことは考えられません。

また男性には、女性にかまけていた分仕事を頑張って挽回しなくては! という仕事没頭の時期があり、それが恋愛の安定期にあたります。

草が生えているとそちらにすべての関心が向くサイのように、男性は忙しいとほかの全てを忘れてしまうことがあります。

ひとつの行動しかできないために仕事だけをしてしまうんです。それでも、たまにでも連絡が来て、会う時間も作ってくれるなら、彼は彼なりの方法で恋人を大事にしようとしています。

少々の連絡間遠なんて気にせず信じてあげられないでしょうか。

サイは草を食べ終わったら、あるいは食べ疲れたら、戦っていた(恋をしていた)相手を思い出してイソイソと戻ってきます。

(2)「いつも」ではなく「1回ずつ」のお願いを

仕事と恋とのバランスを上手くとってくれる男性がベストですが、出来ない男性は多いです。社会において恋愛をしている男性は、恋愛をしている女性より評価されないといった理由もあるかもしれません。

恋の安定期、彼が以前より冷たくなったと感じたとき……「愛が冷めたんじゃないなら最初と同じ態度に戻って欲しい!」と女性が願ってもそれは無理な相談というもの。

だって男性は自分が変わったなんて意識してませんから。

なのに、気持ちを表現するのが苦手な男性を問い詰めたり、責めたりすると、男性は女性を面倒に思いはじめますし、一人で苦しんで自爆したりするのは言語道断、終わらせなくてもいい恋を終わらせてしまうことになりかねません。

ではどうすればいいのか?

前項で書いた通り、音信不通でないかぎり少し気長になる、信じてあげるということが大前提です。お願いごとをしてはいけないってわけじゃないですよ。

「毎日メールして」というようなルールや、「いつ会えるのよ?」といった責任追及でなく、こういうときにはメールちょうだい、○日のライブは一緒に行こうよ、といった個別のお願いをオススメします。

毎晩電話して欲しい、いつも気づかって、ではなく、「今日は声が聞きたいな」とか「今週は話したいことあるんだけど」というように1回ずつのお願いなら叶えられることが多いでしょう。

それで彼女を喜ばせられると分かれば、男性の心も満たされますし、またしてあげようと思うようになります。


いかがでしょう?

女性脳が支配する女性本能は愛されることを一生の目標としやすいですが、男性脳に支配される男性本能では仕事での成功や自分の人間としての成長を一生の目標とする傾向があります。

ただ、双方で目標が違っていても幸せな関係を築きたいという願いは同じようにあることは間違いないんです。

交際して数ヶ月が過ぎ彼の態度が冷たくなったと感じたら……恋は次の段階に進んだと思いましょう。

遅れても返信が来て、たまには会えているなら決して自爆などしないように。

男性脳の傾向を知っていれば、しなくてもいい心配をせずに済むことが多いです。

【参考文献】
『愛されてしあわせになる恋愛ルール』キャシー天野・著

●ライター/mami(女優&ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする