交際6年の彼氏と破局……悲しみを乗り越えるための3つの約束

【相談者:20代女性】
交際6年の彼氏に先日振られました。原因は他に好きな女性ができたから、ということ。

初めて付き合った人でこの先結婚も考えていた彼氏だったため、裏切られた感が強く次の恋愛にさえも踏み出せない自分もいます。

どうやったら忘れることができるでしょうか?

a 同じ場所にとどまっていることは危険です

質問ありがとうございます。恋愛心理パティシエのともです。

失恋とは今まで恋愛に注いでいたエネルギーがどこにいっていいのか分からない状態になってしまうことであり、片思いとはまた違うのですね。

成就しなかった恋は失恋とはエネルギーの方向性が違うのです。

愛し愛されて振られてしまったケースは愛していたエネルギーが大きい分、そのエネルギーの行き場に困り、自分を見失ってしまうのです。

愛していれば愛しているほど失恋は辛いものになり、立ち直れなくなってしまいます。

下手をすると相手を恨んでストーカーになったり自傷行為に走ってしまうことも。

だからこそ、そのエネルギーの“他の行き場を探してあげる”ことが思いを吹っ切るために不可欠。

今いる場所から少しでも動く方法を考えていきましょう。

hana

(1)気晴らしをする

『失恋した日、友人にずっと一緒にいてもらって話を聞いてもらった。それだけですごく心の支えになって、一人じゃなくてよかったと思った』(20代女性/歯科助手)

『ひたすら仕事や趣味に没頭。忙しくして考える時間を自分に与えないようにしています。そうすればいつの間にか忘れている』
(20代女性/会社員)

まずは思い詰めるのをやめましょう。

一度振られたぐらいで“男性は皆同じ”とか“恋愛は辛いものだ”と思いこむのは極端すぎます。

今回のケースがたまたまそうだっただけで、次の恋愛は全く別のもの。同じ場所にしがみつきすぎず、自分の好きなことに熱中したり、友人と会ったり、できるだけ“一人で考え込む時間を減らす”ことが大切です。

他に目を向けることが、前の彼氏を忘れさせてくれる第一歩なのです。

(2)相手の悪いところを考える

『今まですごく好きだったのに、振られた途端、相手の嫌なところばかりが思い出されてきて魅力を感じなくなる。恋の病に侵されていただけなのか、と。恋は盲目ってこういうことなのね』(20代女性/メーカー勤務)

失恋した時の原因が相手からの裏切りや、そうでなくともその失恋がとても自分を苦しめてしまうものであれば、人は防衛本能が働きます。

自分で自分を納得させようと“合理化しよう”とするのです。

戸建てを買った後「やっぱりマンションにすればよかった」とちらっと頭をよぎる。でもそういう時“どうやっても変えられない現実”であれば人は必死に“戸建てのメリット”の方を考えるのと同じです。

だから女性には特に多いのですが、振られる前は「すごく素敵な彼氏。あんないい男いないわ」なんて言っていたのに、振られた後になると「でもあの男、よく考えてみればいつも口先だけだったわ」とかコロっと変わったり。

「結婚したい」と言っていたのに「あの人金遣いが荒かったから、結婚しなくてよかった」とか。

調子がいいようですが、合理化は失恋から立ち直るためにはとても効果がある方法。

合理化が上手くできる人が前の恋を引きずらない。誰でも欠点はあるけど、愛し合っている間はそれが見えてなかったというのも事実ではあります。

合理化ができない人は自分を責め続けて、いつまでたっても相手に未練を持ち先に進めません。

(3)新しい恋に向かって進みましょう

『過去の男のことは新しい男が忘れさせてくれる、って今になったら本当だと思う』(20代女性/会社受付)

失恋すると立ち直れずそれがトラウマになってしまう人もいます。

ただ人との出会いは一期一会。せっかくのチャンスをずっと逃して生きていたら二度とないかもしれません。

始まるということは必ず終わるということでもあり、終わりをこわがっていたら始まることすらできないのです。

深く傷ついたということは、それだけ相談者さんがその男性を愛せた、ということ。人を愛せるって誰でもできるようで、実はそうではないのです。

結果はどうあれ、人を愛せた自分を認めてあげて“私はイイ女だからもっといい男性はたくさんいる”と合理化しまくって、早く次の恋に進みましょう。


“過去の恋愛を忘れるには、新しい男性に出会う”ことがやっぱりベスト。

定めなき世だからこそ愛することに時間を惜しんででも楽しまないと人生損してしまいます。

辛いこともあるけど楽しいことの方が断然多いのが恋愛なのです。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする