海老蔵、麻央を思い報道自粛の懇願!松本「スキャンダルじゃない」とマスコミ批判

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が妻である小林麻央さんへの取材に関して、再びブログを更新しました。

6月17日午前8時ごろ更新された記事では、

『雑誌の方々、静かに見守ってください。よろしくお願いします。何度も何度も申し訳ございません。』

と綴られており、いまだ麻央さんの病状に関する取材が終わらないことが伺えます。

o0480064013674796570

9日(水)には記者会見にて、妻の小林麻央さんが比較的深刻な乳がんを患っていることを告白。

会見では、妻の麻央さんについてはもちろん、まだ幼い子どもたちについても触れ、マスコミに対しては静かに見守ってほしいと語っていました。

しかし残念なことに、会見の後も一部の取材陣が、海老蔵さんのご実家や麻央さんのご実家に取材を仕掛けているようです。

マスコミの対応に対しては、芸能界からも苦言が続出しています。

様々な芸能人からの心配の声

長谷川豊

フリーアナウンサーの長谷川豊さんは自身の公式ブログ『本気論 本音論』で、

『あの会見で十分でしょうが。あとはそっと見守ろうや。あれ以上、何をしたいんだって話。

要は「麻央さんの病状(ステージ)を知りたい」ってことなんでしょう?分かるよ、分かります。気持ちはね。

私だって取材してた人間だ。しかし、我々は取材陣であると同時に「人間」のはずです。』

と語りました。

『今の海老蔵さんの件での追加取材は私ですらフォローできない。『全ての』メディアが辞めるべきです。』

と、マスコミに対してこれ以上の取材の手を引くように諭しています。

松本仁志

また松本人志さんは12日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、海老蔵の会見を振り返った際、

『これはスキャンダルじゃないねん。生き死にの問題やから』と発言。

マスコミの過剰な取材について『芸能界におって「嫌やな」って辞めたくなる瞬間ですよ』と苦言を呈しています。

ヒロミ

タレントのヒロミさんは10日のTBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」で、毅然とした態度で会見に臨んでいた海老蔵さんに対して

『同性としてかっこいい』とコメントし、『静かに見守りたい』とコメント。

デーブ・スペクター

デーブ・スペクターさんは12日、TBS系バラエティ番組「サンデー・ジャポン」に出演した際に、

『これ以上追っかけないほうがいい』とマスコミに取材自粛を呼びかけ、

『何か重要なことがあったら向こうから発表するし、麻央さんの実家に行ったりとか。遠慮すべきときは…これこそ遠慮すべきだと思いますね』と語っています。

ネットからも大きな批判が

このマスコミの姿勢に対して、ネットの批判も止まらないようです。

『実家にまで押しかける神経疑う。海老蔵さんが苦渋の決断した意味がないでしょ?』

『自分の家族がガンになったこと、ありますか…?海老蔵さんの記者会見を見て立派だと思った。けど、せつなかった。みんな、ずっと闘ってる。えげつない報道は控えてほしい。』

『ほんと自粛しろ。』

『本当にマスコミにはモラルがない』

『会見で、ある程度聞きたいこと聞かせてもらって、「そっとしておいて」と言われたんだから守るべき。』

『海老蔵が言った言葉、理解出来ないのかな?』

このように、ネットでも海老蔵さんや麻央さんを心配する声や、マスコミへの批判の声が多く出ているようです。


海老蔵さんが会見を開いた理由には、マスコミに対しての取材自粛のお願いの意味も大きかったと考えられますが、残念な結果になってしまいました。

海老蔵さんご自身が話したように、今はそっと見守る時期です。

なによりも、麻央さんが1日でも早く復帰できるよう、心からお祈り申し上げます。

【画像出典元リンク】
出典:ABKAI市川海老蔵オフィシャルブログ

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (7)
  • うーん (4)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする