鏡を見るのは超重要!モテ子直伝の誰でも簡単にかわいくなれちゃうコツ4選

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

モテる女性と言えばやはり“かわいい女性”。でも自分は元が美人じゃないし……と思っている女性も多いハズ。でも毎日のほんの少しの努力、ちりも積もればかわいくなれるのです!

最近「かわいくなった」「綺麗になった」と彼氏や旦那に言われた、また“なぜか声をかけられることが多くなった”という羨ましい女子に、“簡単にかわいくなれるコツ”を聞いてみました。

woman

(1)毎日鏡を見る

『できるだけ全身が映る鏡を毎日何度も見るようにしてるいだけで、ジーパンがゆるくなった』(30代女性/営業)

“毎日とにかく鏡を見る回数を多くする”。これは決して自惚れではありません!

人は“鏡を見る時だけの顔”というものがあり、無意識のうちに鏡の前では一番かわいい顔をして鏡に映ろうとしています。そのため鏡を何回も見ることによって、そのベストなかわいい顔を、いつの間にか普段でも作れるようになれるというワケ。

またシミやしわなど老けた部分もすぐに気づくから、早いうちに対処しようと頑張ることもできます。そして全身を映す鏡も、自分の理想のスタイルになるように意識して映っているので、自然にその部分に力が入り筋力が鍛えられ引き締まってきます。

(2)質のいい物を持つ

『身銭を切って、どうしても欲しかったブランドのバッグを買った。そのバッグを持つだけで毎日気分は上がるし、相乗効果で仕事が上手くいったり、彼氏ができたりと良いことづくめ。元は十分にとれる』(20代女性/会社員)

プチプラもいいですが、どうせ毎日使うなら良い物を買うことも大切。長く愛用できるバッグや靴は使用頻度も高いのでここでケチってはダメ。

良い物を持つ、ということは佇まいに自信を持たせてくれこと。そして、その自信が男性にとっては魅力的にうつります。

ただ全身ブランドではやりすぎ感が出てしまい、NGです。抜けたかわいらしさを出すなら一点だけ豪華な物を取り入れると、カジュアルな中にもキリッと見た目のかわいらしさを上げてくれます。

(3)メイクでもチークはマスト

『なんかいつもよりかわいいね〜、って同僚に言われた。特に何も変えたつもりはなかったのだけど、よく考えてみると今日はいつもつけないチークを試供品でもらったので、つけてきたのを思い出した。チークだけで印象って変わるのだ、と実感』(20代女性/金融)

クールなイメージを好む女性には敬遠しがちなチーク。でもチークをしないとかわいさは半減してしまいます。

少女漫画を読むとわかるよう、かわいい女性はいつも少し顔を赤らめていますよね? それぐらい頬が赤いということはかわいさの象徴のようなもの。

ピンクに抵抗があるなら、オレンジのチークもオススメです。オレンジならかわいすぎず、健康的でセクシーな女性を演出できますよ。

(4)着物を着てみる

『友人の結婚式に和服で行ったら、新郎側の友人と良い関係に。普通のドレスで行くより目立つから男性側からの視線をいつもより感じてびっくりした。和服の効果……すごい』(30代女性/アパレル)

着付けが自分でできない場合は面倒な着物。でも“ここぞ”という人がたくさん集まるパーティ等で、思い切って着物をレンタル・着付けも頼んでみてもいいでしょう。

和服を着ている女性は人数が少ない分ドレスより目立つので、声をかけられる確率も高くなります。なにより着物は清楚感と、それに加え“どんな女性なのだろう”という特別感を、最大限に相手に感じさせることができるという優れモノ。

面倒くささというデメリットと引き換えに、特別な女性であるかのような品格さえも上げてくれるのです。つい声をかけたくなる女性は、他とは違う魅力を持った女性であることは確かでしょうね。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする