外国の彼と付き合うとき! 言葉の壁を乗り越えるための3つの考え

【相談者:30代女性】
日本で知り合った外国人の彼と付き合っています。

彼は日本で仕事をしていて、日本語もペラペラなので、私は全く英語を話せません。将来的に結婚も考えているので、英語を勉強すべきなのか、最近悩んでいます。

パートナーの母国語を話せずにいると、どんな問題が起こりやすいですか? 勉強する気になかなかなれない私に一喝お願いします!

a 語学力のなさは、時に喧嘩の原因に!

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。

外国の彼とお付き合いすると、語学力がない事で喧嘩に発展するなど、パートナーに大きな負担をかけてしまう事もありますよね。

結婚したら義両親との付き合いでも語学は必須!だから、一日も早く勉強を始めて損はなしです!

日本語がペラペラのパートナーですと、ついついそれに甘えて、勉強しなきゃ! という気持ちが薄れてしまいますよね。お気持ち、とってもよく分かります!

付き合っているうちは良いかもしれませんが、ご質問者様のおっしゃる通り、やはり結婚を考えているのでしたら、パートナーの母国語をお互いが話せるというのが理想ですね。

当たり前の事ですが、結婚したら二人だけでなく、お互いの家族付き合いもありますし、この先、一生日本で暮らしていくとも限りませんよね。

国際結婚している方の経験談をご紹介しますので、きっとこれを読んだら、勉強する気が沸いてくると思います。是非参考にしてみてくださいね。

160610fricoco

(1)話せるようになったら、義両親に認められた!

『彼と付き合ってしばらくして彼のご両親に挨拶に行ったのですが、その時、私は彼の母国語を全く話せませんでした。ご両親は、私の事をお客様扱いで、全く馴染めませんでした。

そのまま2年以上、彼と付き合ってはいたものの、彼のご両親には一度も会いに行きませんでした。きっとご両親に私との交際を反対されていたのだろうと思います。

その間に私も彼といる事で、彼の母国語をちょっとずつ覚え、2年ちょっと経った頃、また彼のご両親に会いに行きました。ペラペラとまではいきませんが、分かる単語も多く、ゆっくり話してもらえば理解できるレベルでしたが、彼のご両親の反応は全く違いました。

まるで本当の娘のように接してくれ、この時ほど、語学がこんなにもコミュニケーションに大切だという事が身に染みた事はありませんでした。それから結婚の話はとんとん拍子に進み、無事ご両親にも祝福されて結婚する事ができました』(40代女性/専業主婦)

結婚すると、彼のご両親や親戚の方々とも付き合いが始まります。年に数回かもしれませんが、親戚が集まる機会もありますよね。

そんな時にパートナーの母国語が話せないと、ただ黙ってニコニコしてその場をやり過ごさなければなりません。

言葉が話せないというハードルがあると、どうしても相手に壁を作られてしまい、仲良くなるのは難しくなってしまいますね。

(2)備えあれば憂いなし! 将来、移住する事も考えて!

『付き合っている時は、ずっと日本で生活していましたが、結婚して少し経ち、事情があって彼の母国へ移住する事になりました。私は全く主人の母国語を話せなかったので、移住してから、本当に本当に大変でした。

何でも主人に頼らなければならない生活になってしまい、私が主人にしてあげられる事は何もなくなってしまい、主人の足を引っ張るだけの自分に嫌気がさした事もありました。

主人も、何でも一人でできない私にイライラした事も多く、そのくらい自分でやってよ! と怒られた事も。喧嘩も増え、今まで一度も主人の母国語を勉強しなかった事を反省しました』(50代女性/自営業)

せめて日常会話程度話せないと、日々の生活において、何でも全てパートナーに頼る事になってしまい、大きな負担をかけてしまいますよね。

迷った時に道を尋ねたり、買い物に行ったり、バスやタクシーに乗った時に困らない程度の日常会話が話せるレベルまで勉強しておくと、移住後の喧嘩も減らせそうです。

(3)子どもが生まれたら、学校関係でも語学は必要!

『妻が全く日本語が話せない状態で、結婚して日本に連れて来たのですが、子どもが生まれて、学校に行き始めてから、妻に日本語の勉強をしてもらっておけば良かったと痛感しました。

子どもが学校からもらってくる手紙は私が全部読んで、通訳しなければならない、学校の連絡網でかかってくる電話はうちでストップしてしまう、などなど、本当に問題が頻発しました。懇談や役員なども全て私がサポートしなくてはならず、大変でした』(50代/男性/会社員)

これは大変ですね。お子様が生まれたら、がらりと生活環境が変わり、付き合いの幅が増えます。お子様の為なのはもちろん、パートナーに負担をかけない為にも、子どもが生まれるまでに語学を勉強しておきたいですね!

赤ちゃんが生まれたら子育てに大忙しで、語学の勉強どころではなくなります。語学学校へ通ったりできるのも、子どもが生まれるまで。結婚や出産と同様、計画的に勉強を進めるのも大切ですね。


さて、勉強する気は沸いてきましたか?

今、現在、問題がないとなかなか重い腰が上がりにくいかもしれませんが、結婚を考えている大切な、大好きなパートナーの為に頑張ってくださいね!

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする