『水曜日のダウンタウン』、クロちゃん救出企画を中止! 「浅はかすぎる」「攻めの姿勢は好き」と評価は二分

5月31日の夕方から、TBS系バラエティー番組『水曜日のダウンタウン』にて開催していた「クロちゃん救出」企画が、同日の深夜に中止となったことを、同番組が公式Twitterで発表しました。

「クロちゃん救出」は、「クロちゃん、どこかに閉じ込められてもTwitterさえあれば助けてもらえる説」を検証するという企画。

お笑いトリオ『安田大サーカス』のクロちゃんが閉じ込められたマンションを、クロちゃんのツイートを頼りに一般のネットユーザーが探すという内容でした。

しかし、企画開始から、Twitter上ではクロちゃんを探す人たちの不確かな情報が錯綜し、心配する声もあがっていました。

結局、クロちゃんは31日中に救出されることのないまま、『開始以来数多くの誤情報により、関係のない一般の方にご迷惑をおかけする事態が発生しております。この状況を重く受け止め、この時点をもって企画を中止・終了させて頂きます。ご迷惑をおかけした皆様、並びに企画にご参加頂いた方々に深くお詫び申し上げます』と、番組側が中止を発表し、謝罪。

クロちゃんは企画が中止になったことを受け、スタッフに無事救出されたとのことですが、この企画に対してネット上ではさまざまな声があがっています。

出典:安田大サーカス クロちゃんふわふわーすた(@kurochan96wawa)(Twitter)

出典:安田大サーカス クロちゃんふわふわーすた(@kurochan96wawa)(Twitter)

ネット上では「110番通報多発?」「関係ない家に人が殺到した?」と推察する声

「クロちゃん救出」の企画中止を受け、ネット上では……

『言えないような大きなトラブルがあったってことかな?』

『これはひどい企画。巻き添えを食らった人は大変な恐怖だったでしょう』

『浅はかすぎる』

『何かが起きたんだろうね』

『ヤバいことがあった?』

『誰かが示した住所に人が殺到した?』

『企画の段階からこうなることはわかってたはず』

『警察沙汰になりそうって最初からわかると思うけど』

『一般の人に迷惑がかかることはわかりそうなもの』

『踏み込んだら間違えた、じゃ済まない』

『110番通報多発したんじゃない?』

『一般人を無制限に関わらせるのは危険』

『一般の人に迷惑がかかるような企画はダメ』

『関係ない家に突撃した奴がたくさんいたんだろう』

など、何かトラブルが起きたのではと予想する声や、企画の段階から問題になることはわかっていたはずとする声が多数でした。

「攻めの姿勢は好き」「挑戦的な企画でよかった」と評価する声も

『問題の多い番組だけど、攻めの姿勢は好き』

『ネットとテレビを融合させた企画自体は面白かった!』

『規格外なことをしようとするところがこの番組の持ち味』

『最近ではなかなかない挑戦的な企画でいいなと思ったけど、一般人を参加させたのが間違いだったかも』

『今回のは企画をよく練らなかったことが問題だけど、これからもギリギリのところで頑張ってほしい』

『ここ最近では珍しい、攻めが強い番組なので、これからも頑張ってほしい』

『よく攻めるね!バラエティとは本来こういうもの』

と、番組の攻めの姿勢を評価する声も少なくありませんでした。


今回の企画中止によって、バラエティ番組のあり方や倫理観なども問われそうですが、番組のファンも多く、型破りな企画を期待する人も少なくないことがわかりました。

とはいえ、一般の人に迷惑がかかるのは言語道断。今後は慎重を期してから企画を実行してほしいものです。

【画像出典元リンク】
・安田大サーカス クロちゃんふわふわーすた(@kurochan96wawa)(Twitter)/https://twitter.com/kurochan96wawa?lang=ja

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする