トキメキの期限は3年!? 出会ったころのドキドキが続かない理由と対処法

【相談者:20代女性】
誰と付き合っても長続きしません。

出会ったころはすごくカッコ良くて会うたびにドキドキするような素敵な彼だったのに、半年もすればときめきがなくなり、1年経つころには、はっきり言って“ダサい”人に思えてきます。

「なんでこの人が良かったのかな?」と思うことも。それでいつも別れています。どうすれば“運命の人”に出会えるのでしょうか?

a 「人に幸せにしてもらおう」と思っている限り、決して幸せにはなれません。

ご相談いただきありがとうございます。仲人士の忽那里美です。

出会ったころのドキドキ感が続かない、飽きてしまうというお悩み。いつの日かずっとときめかせてくれる“運命の人”に会える……というシンデレラストーリーを夢見ていらっしゃる。

残念なお知らせですが、その人は現れないような気がいたします。あなたが幸せになるために、新しい選択肢をご紹介します。

160606kutuna01

“恋のドキドキ感”が3年で消える理由

まず、“恋愛のドキドキ感が続くのは長くて3年”という科学的なお話から。よく「3年目の浮気」などと言われますが、それにはれっきとした根拠があります。

医学博士の姫野友美先生の著書から要約します。

『恋愛感情のもとになっているのはPEA(フェニールエチルアミン)という神経伝達物質。これは麻薬にも似た作用があり、このはたらきにより「恋のドキドキ感」が作り出されている。ただし、このPEAの有効期限はたった3年間』
(『いじらしいほど愛されたい女 かまってほしいのに縛られたくない男』より)

寝ても覚めても彼のことを考えたり、“恋は盲目”状態になっているのはこの物質のせいだということです。

ただし、時間が経つごとにその量は減少していくので、「ドキドキしなくなったなぁ」「飽きてきたのかな」と思うわけです。

厄介なのは、このPEAは麻薬物質の一種だそうで、禁断症状に陥るようです。

「ふたたびあの興奮を!!」という気持ちになり、今度は相手を変えてまた分泌させる……。これが、あなたの頭の中で起こっている現象です。

“ドキドキした”→“だんだん冷めてきた”→“飽きた”→“次のドキドキを探す”

どうやらこれではエンドレスでこの状態が続きそうです。

お付き合いしている彼が“ダサく”なったのは、あなたの影響ではありませんか?

科学的な説明はこれくらいにして、あなたの投稿を読んで感じたことを述べさせていただきます。

最初は素敵だった彼が、1年後には“ダサく”なっているとのこと。あなたとお付き合いしていた1年間は、彼にとってどんな1年だったのでしょうか?

放っておいたらだんだんダサくなって、私はだまされたみたい……こんな風に考えておられるような気がします。

出会ったころより彼が“ダサく”なってしまったのは、少なくとも半分はあなたの影響だとは思いませんか?

もう一つ、質問させてください。あなたはこの1年で魅力的になられたのでしょうか? 彼は今も変わらず、あなたにドキドキしてくれているのでしょうか?

お付き合いしていくうちに、お互い慣れ合いになったのかもしれません。気を抜き、手を抜いたのかもしれません。一緒に成長することを考えなかったのかもしれません。


大変厳しいことを書かせていただきました。ご気分を害されたかもしれません。

ただ、「いつか運命の人が私を幸せにしてくれる」という気持ちで現れるはずのない相手を待つより、「縁あってつながった彼があなたといることでどんどん魅力的になる。そしてあなたも充実していく。そんな関係を自ら作っていこう!!」そんな選択肢もあることをお伝えしたいと思います。

幸せは誰かにしてもらうのではなく、自分で「幸せになる」と決め、行動しはじめたときから輝きだすものではないでしょうか?

【参考文献】
・『いじらしいほど愛されたい女 かまってほしいのに縛られたくない男』姫野友美・著

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (11)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする