体質によって違う!? ダイエット効率をアップさせるポイント3つ

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

いよいよ6月、薄着のシーズンになり、二の腕や脚の露出も増えてきました。そうなると気になるのが、ボディラインですよね。

ほっそりした二の腕やまっすぐな脚、くびれたウエストなど、夏になるときれいなボディラインにするためにダイエットを始める方も多いのではないでしょうか。

ただ、ダイエットをしてもなかなか効果が表れづらいということはありませんか? 実は、ダイエット方法には体質や生活習慣で個人差があるのです。

ですから、お友達が成功した方法が必ずしも自分に合ったダイエット方法になるかというと、そうではないのです。

今日は夏に向けて効率よくダイエットができる3つのポイントをお伝えしていきますね!

160601wada01

ダイエットの効率をよくするポイント3つ

(1)遺伝子検査で自分の体質を知ろう!

1つ目は遺伝子検査です。

ちょっと耳慣れない方も多いかもしれませんが、ハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝子検査で乳がんになる確率が高いことを知り、乳房を切除したのは記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこまでではないものの、今は遺伝子検査で、“糖質・脂質・たんぱく質”のどれが自分の太りやすさにつながっているのかということがわかるような検査キットが増えています。

たとえば、脂質で太るタイプの方は、炭水化物ダイエットをするよりも脂質の多い食べ物(ラーメンやサーロインステーキなど)を制限するほうが効果が高く出る傾向にあります。

こういう体質がわかれば、普段の生活でちょっと気を使うことがダイエットにつながります。

今までのダイエットでなかなか成果が出なかった方は、一度検査をしてみると良いかもしれません。

(2)運動と上手に付き合うことで代謝をアップ!

ダイエットにとって不可欠なのが運動です。ただ、こちらも体質によってどんな運動が適しているかが違うそうです。

冷えやすい方、むくみが気になる方は体を温めるホットヨガや、筋トレを含んだサーキットトレーニングなどがおすすめです。

逆に水泳などの体を冷やしてしまう運動はなかなか脂肪が燃焼しづらいため、がんばった割に成果が出にくいんだとか。

また、お腹周りから脂肪がつきやすい方は、有酸素運動スリミング剤を使ってのマッサージが効果的です。

自分のタイプに合わせて、工夫しながら運動してみると効果が出やすいかもしれませんね。

(3)ファスティングで短期的にデトックス!

ファスティングというのは断食のことです。

3日から5日間のあいだ、栄養を補える専用のドリンクとお水だけで生活し体内の毒素を排出することで、体重減少やお肌がキレイになるなどの効果が期待できるダイエット方法です。

最近では女優さんやモデルさんなど、美意識の高い方から火がついて、ジュースクレンズや酵素ファスティングなどをされている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、ファスティングは“食べない期間”というのがありますので、どうしてもつらいという方もいらっしゃいますが、「短期集中で痩せたい!」という方にはぴったりの方法ですね。


いかがでしたか? ダイエットと一口に言っても、いろいろな方法がありますね。

自分に合った健康的に痩せられる方法を取り入れることで、内側から輝くことができます。無理はせず、自分に合った方法をぜひ探してみてくださいね!

【参考文献】
・『最短で効く! 遺伝子タイプ別ダイエット 自分の「遺伝子型」を知れば、痩せられる』白澤卓二・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

●モデル/香南

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする