直球勝負より効果大! 男心をグラグラ揺らす“曖昧女子”になる秘訣3つ

【相談者:20代女性】
私はいつも好きになった男性にすぐ「好き」という気持ちを伝えてしまいます。好きだと思えば告白せずにはいられません。

でも、このスタンスで恋愛をしてきてもあまり恋がうまくいったこともなく、やっぱり男性に「好き」と直球で伝えすぎることはよくないことなのかな、と思い始めています。

一度ぐらいは男性の方から「好き」と言われてみたいです。

a 直球ではなく、曖昧に勝負してみましょう。

質問ありがとうございます。恋愛心理パティシエのともです。

いつも直球勝負で振られてしまうという相談者さん。好きになったらその男性に「好き」とハッキリ伝え、そして感情のままに行動するのは悪くはないとは思います。

でも、男性は“狩猟本能”を備えた生き物。どこかで“女性に追いかけられるより追いかけたい”と思っているのです。

男性にとって一番ドキドキする関係って、“友人なのか恋人なのかハッキリしないとき”

まだ初期の段階で「私はあなたが好きです」と公にしてしまうと、相手もすぐに安心して手を抜いてしまったり、冷たくされたりすることも。

だからこそ、目指すは「自分のこと好きなのかそうでないのか」と感情をゆらゆらと揺らしてくれる“曖昧女子”なのです。

160527tomo

(1)脈ナシかと思いきや、やっぱり脈アリなのか? と思わせる

『初デートで、「今日は帰るね」とあっさり帰ってしまった。脈ナシかと思いきや、すぐに「今日は楽しかった。また会いたいです!」とのLINEが。俺のこと好きなのかどうかがよくわからないから、余計に気になる』(20代男性/アパレル)

これで、「今日は帰るね」だけではその恋は終わってしまいます。ポイントは、その後きちんとフォローを入れること。

相手に対する好意を伝えながらも、でも決して最後までは簡単には許さないことが大切です。

目指すは“中学生のようなお付き合い”。ちょっと手をつなぐことはするけれど、その先にはいかせないということが男性の胸をキュンキュンさせるのです。

(2)自分にだけ相談してくる女性は気になる

『いつも俺に自分の彼氏の相談をしてくる女性がいる。だいたいが彼氏の愚痴なのだけど、それって俺にも可能性があるということだろうかと期待させる』(30代男性/メーカー勤務)

たとえ彼氏がいたとしても、男性に自分の彼氏の愚痴を言ったり相談をしたりするということは、相手に対する期待感をあおります。

「なぜ俺に相談するのだろう?」と思い、男性側は“頼られている”と感じるのです。たとえ女性にその気がなくとも、“彼氏がいても実は不満がありますアピール”って、相談している相手に対するスキ。

「ひょっとしたら俺に頼りがいがあるから相談してきてくれているのかも」「乗り換えてくれるかも」と思わせることができるのが曖昧女子。

そしてこれを逆手にとって、わざともう冷めてきている今の彼氏の愚痴を本命の男性に相談するというのも1つの方法です。

また、彼氏の愚痴に限らず、“相談する”という行為は頼られたい男性にとっては嬉しいものなのです。

(3)ツンデレのギャップは効果大

『仕事中は厳しく指導する上司である女性。でもプライベートで一緒に飲むと意外に女らしくて、俺に対して弱音を吐いてくれる。このギャップは良い意味でマズイ』(20代男性/会社員)

ツンデレと呼ばれているこの方法。冷たくしておいて、後で優しくするという二面性が大事。人は一面だけをずっと見せられていると相手に興味を持ちにくいのです。

冷たくして、「俺に気がないのかな」と落としておいたところで優しくすると、「あれ?」と気になりだすというワケ。

いつもパンツスタイルの女性がスカートを履いてきたらドキッとするのもそのようなこと。

“冷たい→優しい”のギャップだけでなく、“男らしい→女らしい”のギャップも効果的ですね。


曖昧女子になる秘訣は、男性の「ひょっとしたら」「もしかしたら」という気持ちをあおること。

100%好かれている、では興味を持たれにくく、希望0では追いかける気にもなりません。

100ではないけど少しでも男性側が希望を見いだせるような行動をちょくちょく入れていくのが重要です。

それが天性でできる女性もいますが、いつも追いかける恋愛ばかりの相談者さんは、少し引いたり押したりのバランスを考えてみてもいいでしょう。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

●モデル/福永桃子

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする