美容のプロが伝授! ひじ・ひざ・かかとをスベスベにするケアのコツ3つ

【相談者:20代女性】
先日、彼とデートのときに新しいサンダルを履いたのですが、かかとがガサガサしていて「これじゃ出かけられない!」と焦ってしまいました。

保湿クリームを塗ってもガサガサが治りません。自宅でできるケアがあれば知りたいです!

a 入浴で肌をやわらかくしてから角質を取り除き、その後、尿素配合のクリームを塗りましょう。

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

おしゃれな靴をはいたのに、かかとがガサガサで台無し! 誰でも1度は経験があるのではないでしょうか。

プロの手でキレイにするのが定番ですが、自宅でもすべすべになれる方法が。今回は美容のプロに聞いた、“かかとすべすべ術”をご紹介します。

160527haruna

角質を落とすだけでは、かえって厚くなるので注意!

ひじ、ひざ、かかとはケアを怠るといつの間にかガサガサしたり、硬くなったり、黒ずんでしまったりするものですよね。

このガサガサの正体は、分厚くなった角質です。

ひじ、ひざ、かかとの部分には皮脂腺がなく乾燥しやすく、外からの刺激を受けやすいため、角質が厚くなって黒ずんだり、ガサガサしやすくなったりするのです。

改善するためには、古い角質を取り除けばいいのですが、角質を取るだけでは、また新しい角質がたまってしまいます。

また、取り過ぎてしまうと角質がさらに分厚くなるので注意しなければいけません。

(1)かかとケアは入浴で皮膚をやわらかくしてから

古い角質を取り除くときには、入浴で皮膚をやわらかくしてから行うことがポイントです。

軽石、スクラブなどで角質を取り除いて、その後、尿素配合のクリームを塗ると保湿されて角質肥大を防ぐことができます。

入浴で柔らかくなったら、目の細かい軽石に石けんをつけて、くるくると円を描くようにやさしくこすります。入浴後はたっぷりクリームをつけて保湿しましょう。

『角質ケアは、必ず入浴で肌をやわらかくしてから。乾いた状態で行うとダメージを与えてしまい、さらにカサカサになってしまいます!』(28歳女性/エステティシャン)

『皮膚をやわらかくする尿素配合のクリームをケアの後につけると、しっとりすべすべになります』(30歳女性/美容師)

(2)日常で外的ダメージを避けることも大切です!

いつも素足で過ごしていると、靴との摩擦や外の気温に触れて、「肌を守らなくちゃ!」とかかとの角質がたまってしまいます。

特別な日はサンダルで、普段はソックスやストッキングを着用するのがすべすべかかとをつくるコツのようです。

『夏のあいだ、ずっと素足で過ごす人ほど角質が分厚くなって、ガサガサになります。時には素足をお休みして靴下やストッキングで肌を守りましょう』(29歳女性/エステティシャン)

(3)頬づえをつくと、ひじがかたくなる

ぼんやりしているときなど、テーブルにひじをつくクセがある方は、摩擦刺激や重みによる圧力が加わって、ひじの角質肥大や黒ずみが悪化します。

できるだけひじをつかない生活を意識したいですね!

『ついつい頬づえをついてしまう人は、意識してやめるように。ひじがガサガサになったり、黒ずんだりする原因になります』(28歳女性/美容部員)

まとめ

これからの季節、かかとやひじ、ひざのカサカサや黒ずみが目立ちやすくなりますよね。

摩擦や乾燥によってダメージを受けると悪化してしまうので、ひざを床につけるクセなどにも注意したいですね。

セルフケアですべすべのかかとを手に入れてくださいね!

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする