結婚する気あるの? 婚活で出会ったカレの気持ちが冷めてきた時の対処法

【相談者:40代女性】
こんにちは。今、12月に婚活サイトで知り合った彼とお付き合いをしています。

私も彼も44歳。私は未婚、彼は離婚して3年。親権なしの子どもが2人いて、その子どもたちと年に4回ほど彼の母親、お姉さんと一緒に会っているそうです。

最初は、聞きにくそうな住宅ローンのことなど一通り話すね、とか、かなり結婚を考えてくれているんだなと思える会話があったのですが、今は会う日や愛情表現、連絡回数もだいぶ減ってきました。

一人の時間も大切なようなので、もしかすると、できたら結婚はしないで自分に余裕があるときにだけ会える彼女がほしいのではないかと思うようになりました。

そう思うと、結婚も考えていないかもしれないのに、彼の家に泊まるのが苦痛になってきてしまいました。

彼が結婚を考えているのか確かめたいのですが、まだ、だめになるのが怖くて聞けません。聞くべきでしょうか?

a 「はい、聞くべきです」。なぜなら、“結婚を目的とした”出会いなのですから。

ご相談をいただき、ありがとうございます。仲人士の忽那里美です。

都内で結婚相談所を経営しています。その立場からお答えさせていただきます。

「彼が結婚を考えているのか聞くべきか?」という問いですが、結論を申し上げると「聞くべきです」。その理由をこれから申し上げます。

160523kutuna

苦痛を感じながら時間だけが過ぎていくことを避けるため、勇気を出して彼に確認する

相談者さまがどのような婚活サイトをご利用になられたのか、相談内容からは分かりませんが、この『恋愛jp』にご投稿いただいたことから、“アドバイザー”という立場でお二人をサポートするシステムはない、と判断させていただきました。

通常、“結婚相談所”に登録しご紹介、交際となりますと、3か月~6か月で「結婚するか否か」の決断をしていただくよう説明があると思います。

「交際期間が短い」と感じられるかもしれませんが、「結婚をする」という明確な意思のある方が入会するという前提からこのくらいの交際期間を設定しています。

もちろん、人生において最大の決断ですから、「もう少し時間が必要」という方もいらっしゃいますし、“交際はしたものの成婚には至らない”ケースもあります。

それでも、半年程度でお互いの意思を確認することになります。

相談者さまは“昨年12月からの交際”とのことですから、ちょうど半年を迎えられたことになります。

お相手が明確な結婚の意思を持って婚活サイトに入会されたのであれば、「結婚を考えていますか?」とお聞きしてもなんら問題はございません。

さて、彼に結婚の意思を確認することと並行して、相談者様もご自身に問うていただきたいことがございます。

それは、「彼と結婚がしたいのか?」それとも「早く結婚がしたいのか?」ということです。

「結婚も考えていないかもしれないのに、彼の家に泊まるのが苦痛」という文章から、おそらく、「彼が結婚を考えてくれているならば、このままお付き合いしてもいい。そうでないならば時間の無駄」と考えていらっしゃるように思います。

当然と言えば当然です。相談者さまは「結婚したい」というお気持ちで婚活サイトを利用されたことでしょう。

彼の気持ちの変化については、彼に聞いてみるのが一番

当初熱心だった彼の気持ちが冷めてきているように感じられているのですね? 彼の中でどのような変化があったのでしょうか?

・普通の恋愛でも、男性は大体半年もすると出会ったころに比べ冷静になってくる(マメな連絡などはなくなってくる)

・お相手は離婚を経験されているので、「次こそは失敗できない」という慎重な気持ちになっている。または自信がない

・相談者さまのご想像通り、“妻より恋人”という存在が欲しい

など、いろいろ想像はできますが、それも彼に聞いてみるのが一番の解決方法でしょう。

彼と結婚することになり、幸せな結婚生活を続けていくには“コミュニケーション”がとても大切です。お互いの率直な意見を“言う・聞く”ことの繰り返しになります。

交際期間である今の時点で「嫌われたくないから」と遠慮をして聞きたいことも聞けないのでは、良好な関係を築いていくのが難しいのではないでしょうか?

小池龍之介氏の著書『恋愛成就寺』にも同様のお悩みに回答された文章がありますので、要約します。

『ほんとうに誰かと早く結婚することを優先されるのであれば、もういっそ「結婚してほしいのッ」と当たって砕けてみる。砕けてしまったら、しょうがないとあきらめ、早く別れて、結婚してくれる人を探したほうがいい』

私も同意見です。苦痛を感じながらお相手の家に泊まりに行き、ズルズルと貴重な時間だけが過ぎていくより、勇気をもってストレートにお聞きになることをお勧めいたします。

相談者さまのお幸せをお祈りしております。

【参考文献】
・『恋愛成就寺』小池龍之介・著

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (12)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする