ただの慰め!? “美人は3日で飽きるがブスは3日で慣れる”の真実

【相談者:20代女性】
よく「美人は3日で飽きる」とか「ブスは3日で慣れる」とかいいますよね? 本当にそうなのでしょうか。

合コンなどに行くとやっぱりキレイな人がモテますし、男性はなんだかんだいって美人が好きだと思うんですけど……。

a 「美人は3日で飽きる」は多数派を慰めるための俗説。心身ともに美人の女性を男性は離しません。

こんにちは。ライターの白鳥です!

たしかによく聞きますが、本当のところはどうなのでしょう。

この俗説について調べてみたところ、『恋愛の俗説は8割ホント。:心理学から“男と女の真理”を探る――』の中で興味深い考察を見つけることができました。

この本の著者、川名好裕さんは、『この言葉は、事実についての認識ではなく、人々の「感想」だと思われます』といっています。

つまり、この言葉を肯定したい人が否定したい人よりも圧倒的に多数だから、このことわざが定着したというお話。お、おお……。

川名さんいわく、美人に対する肯定的な評価と否定的な評価があるのは、男性、女性、どちらの心にも葛藤があることを意味しているそう。

160520shiratori

「美人は3日で飽きる」は“すっぱいブドウの論理”で説明できる

『イソップ物語』の『すっぱいブドウ』のお話をご存じでしょうか。

どんなに努力しても手に入れることができない野ブドウに対して、「どうせあんなものはすっぱくてまずいに決まっている」とキツネが負け惜しみを言う話なのですが、これが「美人は3日で飽きる」説にも当てはまるのではないかと川名さんは指摘しています。

美人に否定的な評価がつくのは“減点法”だから

心理学には、『美人ステレオタイプ』という言葉があるそうです。

これは、外見的に優れている人は内面も優れているに違いないという思い込みを指すもの。

しかし、実際は外見的魅力と内面的魅力は別物なので、美人とつきあった男性は「なにか違う!」と思いやすいそうです。これが美人は減点法で見られる一因。

対して、美人ではない女性は加点法なので、「つきあってみたら素敵な女性だった!」と男性が思いやすいのだとか。

なるほど、「美人は3日で飽きる」という言葉は、「つきあってみたら、そんなに素敵な女性じゃなかった」という意味でもあったのかもしれませんね。

もうひとつの理由は、“偽美人”が多いため

川名さんが指摘するもうひとつの理由は、『美人だと思ってつきあったら、化粧やファッションでごまかされていたというケース』

化粧をした顔を見て「この子はかわいい!」と惚れた男性ですが、女性のすっぴんを見て意気消沈……。しかし、3日もすれば見慣れてくる、という感じでしょうか。


「美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる」の結論は、“多数派を慰めるための言葉”というもの。

『心身ともに「美人」である女性に巡り合えれば、3日どころか一生飽きないかもしれません』とのことです。

目指すは心がきれいな美人。健康美人を目指して、毎日前向きに生きたいですね!

【参考文献】
・『恋愛の俗説は8割ホント。:心理学から“男と女の真理”を探る――』川名好裕・著

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする