高橋みなみ、生歌がヘタすぎ!? 中森明菜に憧れるも「ソロは無理」「放送事故」と悲鳴上がる

2016年4月8日に行われた公演を最後にAKB48を卒業した高橋みなみさん(25)が、5月10日に放送されたNHKの歌番組『うたコン』にソロとして出演しました。

高橋さんは、中森明菜さんのヒット曲『北ウイング』を熱唱。

卒業後はソロ歌手として活動し、目標は中森明菜さんと語っていた高橋さんですが、今回の出演で披露した生歌が聞くに堪えないものだったと話題になっています。

AKB48メンバーのなかで一二を争う歌唱力の持ち主とされていた高橋さんですが、ひとりでステージに立つ緊張感に本来の力が発揮できなかったのでしょうか。

160512geinoutakamina
出典:高橋みなみ(@taka4848mina)(Twitter)

ヘタすぎる歌声に心配する人が続々

AKB48時代には総監督としてメンバーを引っ張っていた高橋さんの歌声に対しネット上では、

『こんな絵に描いたような音痴、久々に見たわ。聞いててこっちが恥ずかしくなった』

『放送事故だろwwwこんなレベルで悔しそうな顔するな』

『これでAKBトップレベルかよ。グループ全体の実力が知れたな』

『10年間もプロとして歌手活動してきた人の歌がこれって……』

『超不満そうな顔でイヤモニをいじってたのが腹立つ。人のせいにするな』

『のど自慢に出てたら完全に鐘ひとつだった』

『中森明菜の歌、難しいからね。うん、難しいからこんなふうになっちゃったんだよね』

『こんなたかみな見たくなかったー。もうバラエティー1本でいいよ。これからが心配』

『中森明菜の名前を出さなければここまで叩かれなかったのに』

『せっかく世間にソロ歌手としてアピールできる機会だったのにもったいない。いや、これで自分の実力が分かってよかったかも』

『西川さん、たかみなを助けてあげてください』

『中森明菜に謝れ』

『ボイトレに5年通え』

など、あまりにもひどい歌声に驚きを隠せなかった様子が伺えます。

T.M.Revolution・西川貴教さんの紹介で華々しく登場した姿が、余計に落差を感じさせる結果となったのかもしれません。

グループを卒業し、これからが大事な時期というだけに、今後の歌手活動に支障をきたさないか不安の残る結果となりました。

【画像出典元リンク】
・高橋みなみ(@taka4848mina)(Twitter)/https://twitter.com/taka4848mina/status/730241971596365824

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする