誕生日前にジタバタ! 猛烈な孤独に襲われた独女が取り組むべきこと

【相談者:30代女性】
これまでいろいろとやってきました。お見合いパーティー、合コン、街コン。オシャレもして。

でもいいなと思う男性からは誘われず、この前はデートでドタキャンされたのです。もうすぐ、誕生日。

将来このまま一人だったらどうしようと思うとつらいです。どうしたらいいでしょうか。

a 三日坊主を受け入れて、三日坊主でもできる目標を細かく立てましょう。

こんにちは。遅咲き姫向けの婚活コンサル菊乃です。

「将来、このまま一人だったらどうしよう」と思うとつらいのですね。

私もかつて、毎年クリスマスに独身の女性の先輩と「来年こそ彼氏を作ろう」と乾杯していました。そして、そのときは本気で誓っているのです。

仕事だけだった生活を反省しました。そのまま年を越し、正月にまた「今年こそ結婚する」と誓いました。そのモチベーションは1月3日には落ちているのです

私は9月の誕生日なのですが、ヒグラシゼミが鳴き出す8月後半になってまた焦るのです。「このまま、また年をとるけれどどうしよう」と猛烈な孤独に襲われます。

しかし、誕生日というイベントを過ぎるとその焦りを忘れてしまいました。

160517kikuno

一歩ずつ前進しましょう

多くの方のご相談に乗ってきましたが、クリスマスや誕生日直前のご相談は多いです。あなただけではありません。

かつて、12月24日の深夜2時ごろに「重要」というタイトルでお客様から至急相談に乗ってほしいというメールが来たこともありました。

30代後半の金融機関勤務の女性でした。内容は、ご相談者様と同じようなことです。焦って前のめりになっているお気持ちは分かるのですけれど……。

私はご相談にいらっしゃるお客様には部屋の写真を持ってきていただいております。

その方に部屋の写真のことを尋ねたら、「とても他人に見せられる部屋ではありません」と言われました。

「このまま一人かもしれない」と焦った女性は、普段ならそんな判断をしないのにおかしな行動をよくしているのです。

『結婚相談所に入ってしまった。でもあのときの私は外見も手抜きで全く見合いの話は来なかった』(30代女性/IT系)

『パワースポット巡りをしていました。お水取りとか行きました』(30代女性/小売業)

『女性性を開放する、セルフイメージを上げるなどという自己啓発セミナーに行っていました。参加者も女性ばかりで、できる友達は独身女性ばかりでした』(30代女性/公務員)

どんどん周りから取り残されたように感じて焦ったときに、一発逆転を狙ってしまうのです。

でも一発逆転なんてないの。明日、彼氏ができる方法はありません。

1年間のうち、焦ったときだけジタバタしてあとの休日は自分の成長のために時間を使っていなかったら変わるわけがないのです。

あなたはパートナーが欲しいのですよね。今やるとしたらどれを選びますか?

(1)化粧品のサンプルを捨てる
(2)出会い探しをする
(3)自信を持つ

多くの人が(2)や(3)を選ぶのです。しかし初めにやっていただきたいのは(1)です

(2)は相手がいることなのでうまくいかないこともあり、落ち込みやすいです。(3)のようなメンタル的なことは“できているつもり”になりやすいです。

根性論は挫折しやすい方がよく陥ります。

「化粧品のサンプルを捨てたからって彼氏ができるわけじゃないでしょう」というお気持ちもよく分かります。効果は薄そうですよね。

しかし(1)は相手がいないことで、できたかどうかがよく分かり失敗もなく確実に終わらせることができるのです。

(a)彼氏を呼べる部屋にする
(b)ひとりの男性と3回デートできる服を揃え、外見を変える
(c)周りの人に紹介してもらえるように年相応にふるまう

まず(a)~(c)までやってから周りに「いい人いたら紹介してほしいな」と言ってみましょう。

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする