実際はどうなの? 結婚相談所のイメージと利用した人の体験談

こんにちは、仲人士の忽那里美です。都内で結婚相談所を経営しています。

“結婚相談所”と聞いて、皆さまはどういうイメージをお持ちになりますか? 今回は、20代から40代の男女40名にアンケート調査を行いましたので、その結果をご紹介したいと思います。

160516kutuna

アンケート結果からみる、結婚相談所に“否定的”“肯定的”なわけ

「結婚相談所と聞いて、どのようなイメージをお持ちですか?」という質問に対するアンケート結果は以下の通りです。

否定的なご意見

『堅苦しく、自分で恋愛できない人が行くところ』(20代女性)

『結婚に焦っている人がいそう』(30代男性)

『お金がたくさんかかりそう』(20代男性)

『他人に頼るナンパ』(20代男性)

高収入、高学歴でないと紹介してもらえない感じ』(20代男性)

『結婚に至るまでのプロセスが分からない人が行くところ』(20代女性)

『お金を持っている人が行く出会いの場』(40代男性)

肯定的なご意見

結婚したいという明確な意思を持った人に出会える場』(30代女性)

『抵抗ない。合コンより安心かも。お互いが「結婚したい」という同じ思いで登録していると思うから』(30代女性)

『自分に合った相手をゆっくり探せそう』(20代女性)

『SNSや出会い系などより、ずっと信頼できる』(30代女性)

『明るい家族計画を立てられるサロン』(30代男性)

『自分の意思でお見合いをしたい人が行く画期的なところ』(30代女性)

『友人が登録しているが、悪い話は聞かないので肯定的』(20代女性)


今回のアンケート結果で特徴的だったのは、肯定的なご意見をお持ちなのはほとんど女性だった、ということです。

確かに、当方の相談所でも会員様の割合は6:4と女性が多く、「あまり抵抗なく登録しに来ました」と仰る方が多いです。

対しまして、男性は「上司に言われたから」「知人の紹介で断れなくて」「親がうるさくて」など、なかなか重い腰があがらないようです。

ただ、傾向といたしまして、“一度お見合いをしてから”は男性の方が俄然積極的になられるようです。

これは、“目標を定めて、その目標を達成する”ことが心地よいと感じる男性の特性では? と感じています。

実際に利用された方はこんなご意見

最後に、実際に結婚相談所を利用されている方々にアンケートをお願いしましたのでご紹介します。

『初めは敷居が高く、友人に「登録した」というのが恥ずかしくて言えませんでした。「自分で恋愛もできないのか?」と思われそうで。しかし、出会いが“お見合い”だったというだけで、その後は普通の付き合いと変わらないことに気が付いて、利用して良かったと思っています』(30代男性/会社員)

『条件だけで相手を選ぶところ、というイメージがあったのですが、実際に活動してみると「結婚をしたい」と思う真剣な方々に出会える場でした。紹介されても、本当に好きにならないと結婚まではいかないと思うので、あまり心配することはないと思います』(30代女性/公務員)

相談所側からは以下の5点をアドバイスさせていただきます。

・お相手に対する希望を明確にしておく
・ご自身の強み、セールスポイントを持っておく
・書類だけで判断せず、一度は実際にお会いして会話をしてみる
・お相手の良い面を見つけようという姿勢を大切にする
・積極的に相談所にアポイントを入れ、次回の紹介を取る

“結婚相談所”に興味はある、でも二の足を踏んでいる……という方の参考になれば幸いです。

●ライター/忽那里美(仲人士)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする