警戒心をとけ! 職場の女性がOKしやすいデートの誘い文句4選

【相談者:20代男性】
4月から社会人になり、同僚の女性を好きになりました。いい感じに話せて、よくLINEもしています。

同僚とはいっても配属先が違うので、普段は会えません。会えるように誘うにはどうしたらいいですか?

一度断わられたときにしつこくしてしまったので、今は様子を見て何もしていません。

男ばかりの職場なので、早くしないと他の男にとられるんじゃないかって不安でいっぱいです。

仕事がまともに手につきません。本当に大好きなんです。絶対叶えたいです。

a 警戒心を抱かれず、気軽にOKできる誘い方をしてみましょう。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

相手への思いが強すぎるあまり、周りが見えなくなってしまうときもあります。

私も相談者様同様、相手にしつこく連絡しすぎて後悔した経験がありますので、気持ちは痛いほどわかります。

好きな異性を自分から誘うのって意外と難しいのですよね。

とはいえ、何も行動を起こさずにいては関係も進展しません。それこそ、他の男性に先を越される可能性だってあります

ここは勇気を振り絞り、自分から彼女をお誘いしてみましょう。

今回は20代女性の方々からお話をお伺いしてきました。その話に基づき、女性が喜ぶお誘いの方法を4つご紹介いたします。

160516lisa

(1)「同僚と飲みに行くんだけど、○○さんも来ない?」

『最初は数人で飲みに行って、仲良くなってから二人で……というのが理想のパターンですね』(25歳女性/歯科助手)

お互いをあまり知らない間柄だと、二人きりで会うことに抵抗を感じる女性もいます。まずは、友人を含む数人で食事に行くようにしましょう。

そして彼女との距離を縮めたあと、改めて二人で会うことを提案してみるのです。

自己都合ではなく、女性側の気持ちを一番に考えた誘い方ができると、成功率もぐっとあがります。

(2)「よかったら一緒にランチでもどう?」

『そこまで親しくない男性から、急に「仕事終わりにご飯でも……」って言われても警戒してしまう。その点、ランチなら気軽に行けるし、「まあ、いいか」ってノリでOKすると思う』(23歳女性/受付)

女性の中には、突然お誘いをされることで「何か下心があるのでは?」と警戒心を抱く人もいます。

そんな彼女たちの警戒心を解くためにも、初めはランチにお誘いしてみましょう。お昼時のランチであれば妙な下心を感じることもありません。

時間も取らないので、軽い気持ちで「行こうかな」と思えるのです。

(3)「軽く飲んでいかない?」

『以前、仕事が同じタイミングで終わった同僚から「よかったら軽く飲んで帰らない?」と誘われたときはうれしかったかな。多分「軽く」の一言がOKしやすい雰囲気を作ったんだと思う』(29歳女性/営業職)

彼女と退社の時間がかぶったり、街中で偶然出会ったりなど、突然お誘いのチャンスが舞い込んでくる可能性もあります。

もしそのようなチャンスに遭遇したときは、すかさず「軽く飲んでいかない?」と彼女をお誘いしてみましょう。

このとき、「軽く」の一言をつけることで、女性も「ちょっとだけならいいかな」と前向きに考えることができます。

(4)「○○さんと二人で食事に行きたいです」

『男性からのお誘いはストレートな方が好きです。「話があるから」とか「おいしいお店を見つけたから」みたいに回りくどい誘い文句よりも、「一緒に食事に行きたいです」と正直に言ってくれた方が好感を持てます』(27歳女性/医療事務)

「話があるから」「おいしいお店を見つけたから」は、お誘いの定番文句でもあります。

しかし、そのわざとらしさがかえって自分の印象を悪くする可能性もあるのです。

女性をお誘いするときは下手な理由づけをやめ、ストレートな気持ちをぶつけるようにしましょう

「あなたに会いたい」とまっすぐな気持ちを伝えた方が、彼女も喜んでくれるはずです。


好きな女性をお誘いするのは、いくつになっても勇気がいること。なかには「断られるかも」という不安が邪魔をして、なかなか行動に移せない人だっているでしょう。

でも、リスクを背負わずに相手との距離を縮めることはできません。本当に相手のことが大好きなのであれば、後悔しないためにも勇気を振り絞りましょう。

相談者様の恋がうまくいくよう、応援しています。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする