後片付けを狙え! バーベキューで恋愛のきっかけをつかむコツ3選

夏のイベントとして恋愛のチャンスに溢れているのがバーベキュー。

大人数でワイワイと楽しむことができるため、気になる異性を誘うハードルも低くなります。

普段はパッとしないしない男性が男らしく火をおこす姿にキュンとしたり、反対にモテモテ女性の料理ができない姿に幻滅したりすることも。

バーベキューは、日常生活では気付いてもらえないさまざまな魅力を発揮できる場でもあるのです。

そこで今回は、バーベキューで異性をときめかせるテクニックを体験談とともに紹介したいと思います。

160505toyoda02

(1)積極性と協調性

『気になる女性がいたのですが、みんなが準備しているなかぼーっと座っている姿を見てがっかりしました。甘やかされて育ったのかなと思ってしまいますね』(30代男性/営業)

バーベキューをするときに批判の的となってしまうのは、何も行動しないこと

人によって得意不得意があるかと思いますが、自分ができることを見つけて行動することが重要です。

何をすればいいか分からない場合には、その場を取り仕切っている人に「何をすればいい?」と声をかけ、自分から仕事を見つけるようにします。

与えられた仕事が苦手なものでも大丈夫。むしろ、気になる異性に「これ手伝ってもらえないかな?」と話しかけるチャンスです!

積極的に仕事を探し、声をかけて共同作業に持ち込みましょう。

(2)気になる人と買い出し

『大人数で行うことが多いバーベキューで、二人きりに持ち込める場面が買い出し。途中で、買い忘れたものや足りなくなるものが必ず出てくるので、そんなときは積極的に声を上げて気になる人と抜け出しちゃいます』(20代女性/大学生)

気になる異性に自然に声をかけるためには、近い距離にいることが大切です。

準備の段階から共同作業をしていれば、途中の買い出しで声をかけるのも自然ですよね。

ライバルの多い人を狙っている場合には、周囲に対して自分との仲をアピールすることにもつながります。

みんながバーベキューを楽しんでいるなか二人だけで別行動することは、特別な感情をいだくための最高のシチュエーションです。

(3)後片付けをしっかりと

『始まってすぐの準備なんかは、みんな張り切って頑張るんですよね。見ている方も「あー、異性の目を気にしてるな」なんて思っちゃう(笑)。反対に、みんなが疲れているときに最後の後片付けをてきぱきとやっている姿を見るといいなーと思います』(20代男性/SE)

バーベキューで火をおこしたり、調理場で食材を切り分けたりと、準備段階では男女ともにアピールポイントが多いのも確かです。

しかしそのぶん競争率も高く、火の周りにわらわらと群がったり、包丁の取り合いなってしまったりと、スマートに振る舞うのが難しいこともあります。

そこで注目したいのが、後片付けの場面。みんな遊び疲れているうえに、汚れ仕事であるためやりたがる人が少ないのです。

そこで率先して行動することで、周りの人に大きく差を付けることができます。

男性は後片付けが苦手なことも多いため、特に女性がてきぱきと行動する姿は男性にとって好印象。

みんながぐったりして座っていることも多いため、気になる人と周囲のゴミ拾いなどをしながら二人っきりになることも簡単でしょう。


恋のきっかけの宝庫でもあるバーベキュー。共通するのは、気になる人といかにして二人の時間を作ることができるかということ。

ほんのちょっとしたことでギャップを感じさせ、好感度を上げることができるのも魅力的です。

このチャンスを逃さず、ぜひとも恋愛へと発展させましょう!

●文/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする