別れる確率78%!? 遠距離恋愛で絶対にしてはいけないコト3つ

【相談者:20代女性】
最近、ネットで知り合った男性と遠距離恋愛をすることになりました。遠距離恋愛は続かないって本当ですか?

遠距離恋愛を長続きさせるためのアドバイスなどがあれば教えてほしいです。

a 遠距離恋愛が続かないという俗説は本当。ただし、1年以上続いた場合、ゴールインの可能性・大です。

こんにちは。ライターの白鳥です!

わー! カップル成立、おめでとうございます!

遠距離恋愛の破局率を調べてみたところ、その確率は78%……成功率(この場合は結婚でしょうか)は全体の1~2割という悲しい結果となってしまいました。

とはいえ、このデータをよく見てみると、3か月未満で別れたカップルが全体の35.3%。半年未満と合わせると、全体の6割。1年未満まで広げると、全体の76.4%に上ることが分かりました。

遠距離恋愛は破局しやすいといっても、一度お互いの関係性がしっかりできあがれば別れの可能性はぐんと減るようです。

とはいえ、その可能性をあげるためにも、遠距離恋愛を長続きさせるルールはしっかりと学んでおきたいところですよね。

今回は人生の先輩方にアドバイスをお聞きしてきたので、ぜひ参考になさってくださいね。

160512shiratori

(1)『「目には目を、歯には歯を」は絶対ダメ!』(30代女性/主婦)

この言葉をくれたTさんは、当時、連絡が時々途絶える遠距離の彼氏がいたそうです。

彼にメールを送ったのは午後2時なのに、返ってくるのは翌日の朝9時。いら立った彼女は、彼への連絡をわざと遅らせ、彼に連絡するのを控えたそう。

当時は、「彼が焦って連絡をマメにするに違いない」「彼にちょっと仕返しをしてやろう。連絡が来ない不安感を味わえ!」と思ったそうですが、その後、彼からの連絡は激減。

結局、1か月後に「愛情が冷めた。別れよう」と言われてしまったみたいです……。

(2)『おごられるのが当然と思っていたら、ふられちゃった……』(20代女性/事務職)

遠距離恋愛を始めた当初、Sさんは飛行機代を全額彼氏に出してもらっていたそう。

向こうでのデート代も全部彼氏持ち。当時のSさんはお金をかけてくれる=愛情の証しと感じていたそうですが、彼の気持ちはSさんからどんどん離れてしまったのだとか。

今の男性は恋愛にもコストパフォーマンスを考える時代。お金や時間と愛を天秤にかけたときにお金や時間の負担が重すぎると、愛情もスーッと薄れてしまうみたい。

また、男性は「この女性と結婚したらどうなるんだろう」ということを心の中で常に考えています。

交際中に「私はお金を出さない!」という姿勢でいると、男性は結婚後に自分を支えてくれるパートナーとしてその女性を見ることができなくなるそうです。

(3)『ルールを決められ過ぎて、疲れてしまった』(20代男性/営業職)

T君の彼女は、自分ルールいっぱいの人だったそうです。「毎日、朝は“いってきます”メール」「毎日1時間電話」「月に一度は会いにきて」など。

最初のころは愛されていると感じていたそうですが、そのうち縛られていると思うようになったのだとか……。

男性は自由を愛する生き物。一度「強要されている」と感じると、相手の存在が急に邪魔に思えてしまいます。


このほか、『結婚を考えているなら、3年以内に遠距離をやめた方が良い』(30代女性/主婦)というアドバイスも遠距離の先輩からいただきました。

『遠距離恋愛は不安がつきものだから、終わりの見えない恋は長続きしにくいよ』とのこと。だからといって、すぐ同棲するのはNGなのだそう。

同棲=責任感だけを取り除いた結婚生活なので、この状態をだらだら続けると婚期を逃してしまうのだそうですよ。

同棲をするなら1年以内! など、しっかり期限を決めるのが良い模様。

相手に結婚の話をストレートにし過ぎるのは重いので、相手が結婚に良いイメージをもてるように、子どもや将来の話を明るく話してみるのはいかがでしょうか。

「この子と一緒にいたら楽しいだろうな。一緒に暮らしたいな」と相手に思ってもらうことが遠距離恋愛には必要不可欠。質問者さんが幸せな結婚ができますよう、応援しています!

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (27)
  • うーん (14)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする