幸せになる近道!? 結婚相手は“寝具を選ぶように”探すといいワケ

【相談者:40代男性】
どうしても結婚したくて結婚相談所に通い、半年ほど経ちました。

今まで彼女なしで恋愛弱者だった自分がお見合いで何人かの女性と出会うことができ、今は数人の女性とのLINEやデートに忙しい生活で毎日が激変しました!

今お付き合いしている方は私のことを好いてくれているし、一緒にいて楽です。このままいけば結婚できそうですが、やっぱり結婚するなら若いアラサーの子と結婚したいです。

正直、1回だけお見合いできたのですが、結局、年齢差を理由に早々にふられてしまいました……。

a 年齢差がある相手とはうまくいきにくい!? 10歳差で離婚率は39%もUP。

ご相談ありがとうございます。イイ男を養成する結婚相談所・良縁みなみ会の代表みなみようりです。

男性はいくつになってもアラサーの女性が良いと考える方は多いですね。生まれてはじめて訪れた“人生の春”に有頂天になる気持ちも分からなくはありません。

結婚相談所には若くてきれいな女性がたくさんいると思います。選択肢が増えた場合、男性の多くはまず“若い女性”を選ぶのは当然かもしれませんね。

今までモテなかった分、見栄などもあり、“年齢や外見”だけで結婚相手を判断しがちですが、本当にそれで良いのでしょうか。また、年齢差があるカップルはうまくいっているのでしょうか。

アメリカの『エモリー大学』が3,000人のカップルを対象におこなった調査によると、離婚率が一番低いのは同い年のカップルでした。

年齢差が広がるほど離婚率は上昇し、同年齢カップルと比べると1歳差で3%UP、10歳差で39%UP、20歳差では95%UPという結果が出ています。

160513minami

結婚相手探しと寝具探しには共通点があります!

交際中の会員さんから、「みなみさん、一緒にいて居心地は良いのですが、もっと他にもいる気がするんです」と相談を受けることがあります。

そんなときには、「結婚相手探しは寝具探しと似ている」という話をします。

突然ですが、あなたは寝具を選ぶときにどんな観点で選んでいますか? デザイン? 価格? 触感? 匂い? 一番重要視するところはどこか考えてみましょう。

たとえば、かっこよくて見た目がオシャレなデザインだったとしても、実際に寝てみたら肌触りが悪くてごわごわしていたらどうでしょう。

違和感があり、毎日安眠できないのではないでしょうか。もちろん、寝具のデザインやお部屋のインテリアと合うかどうかも気になると思います。

しかし、多くの方が寝具で一番重要視するのは、肌に触れたときの気持ち良さなのではないでしょうか。結婚相手も、実はこれと同じ。

お相手の条件を周りに対して自慢できたとしても、大切なことは自分にフィットするか、違和感がなく気持ちよく一緒にいられるかどうかです。

先ほどのカップルの調査でいえば、離婚の理由は“価値観の違い”や“ライフスタイルの違い”などが考えられますが、それこそが“夫婦生活のごわごわ感”ということです。

オタクファッションを変えたら、急にモテはじめて……

30代後半OLと20代後半エステティシャンのどちらを選ぶか

この相談を聞いて思い出したのが、オタク男性のA男さん(40代/会社員/年収600万円)です。

結婚相談所に入会したばかりのA男さんは、見事なオタク系ファッションでした。

履きつぶした運動靴でリュックサックを背負い、磁気ネックレス、数珠ブレスをつけ、シャツはケミカルウォッシュのジーンズにイン。

そして、ご多分にもれず、今まで女性をデートに誘ったことがない恋愛初心者。

婚活をはじめてから女性が一緒に歩いても恥ずかしくない洋服に整えた結果、お見合いが続々と決まりました。

それから、30代後半のOLで、恋愛初心者の彼にも優しく接してくれる、居心地が良いB子さんと出会い交際することになりました。

しかし、急に女性との接点が増えたA男さんは、「自分はとてもモテる」と勘違い。その後も続々とお見合いやデートの婚活を続けます。

そして、とうとう20代後半で若くてきれいなエステティシャンのC子さんともデートをすることができました。

C子さんはきれいなだけあって男性からエスコートされなれていますし、デートの場所選びひとつとっても大変です。

毎回散財し、彼女にふられないよう一生懸命気を使い、彼は自分らしくいられなくなりました。

A男さんに対して、「このままでは本当の幸せを見失うのでは?」と私は先ほどのアドバイスをしました。

危機感を感じて、1年でゴールイン

A男さんは、最初は“若くて美人”な彼女に夢中だったので「まだ頑張りたい」と言っていましたが、すぐにC子さんにフラれてしまいます。

そのあいだもずっとそばで見守っていたのはB子さん

うまく女性をエスコートできなくても、気が利かなくても、なにがあってもいつもA男さんに対してニコニコしているB子さん。

B子さんの陽だまりのような温かさ、優しさに気づき、A男さんは彼女といるととても居心地が良いことに気が付きました。入会から約1年でのゴールインでした。

結婚後もふたりの仲は良く、「今でも幸せにやっています」とA男さんからの幸せなコメントが私のもとへ届いています。

もし、あのまま調子に乗ってB子さんとの関係を断ち切っていたら、この幸せを手にすることはできなかったでしょう。


結婚後、家は洋服を脱ぎ、化粧を落としてパジャマに着替える安息の地です。

恋愛中はドキドキしたりときめいたりするだけでも成り立ちますが、結婚はこれからずっと続く長い共同生活です。

皆さん、部屋着と外出着は違いますよね。外で着ている、オシャレしようとちょっと頑張ってかっこつけた洋服のまま家で寝ることはないと思います。

それと同じで、結婚相手と恋愛相手は若干違うのです。結婚相手を選ぶ場合は、“寝具を選ぶように”という感覚を思い出してくださいね。

ご相談者様の幸せなご結婚を祈っております。

●ライター/みなみようり(男性向け婚活・恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする