若い子にはムリ!? アラフォー結婚した女性が優越感にひたった理由3つ

女性のみなさんは、「○歳ぐらいまでには結婚したいな」という考えはお持ちですか?

世間では、早くに結婚した方が勝ち組であるかのように語られることもありますが、若い人には若い人なりの、そしてアラフォーにはアラフォーなりの考えというものがあるはず。

人生の重要な分岐点とも言える結婚ですから、一概にこれが正解ということも言えません。

そこで今回は、アラフォーでの結婚を果たし優越感にひたっているという女性3人に、良かったことについて聞いてみました。

160503toyoda02

アラフォー結婚した女性の体験談3つ

(1)妥協せず理想の男性に出会えた

『20代前半で結婚した人って、本当に理想の相手と結婚したって言えるのかしら。「好きだからそれで十分!」みたいな感じで勢いで結婚したようにしか思えないのよね。

その点、私は結婚相手に妥協することはしたくなかったから、自分の年齢にはとらわれずにじっくりと吟味したわ。おかげで外見・内面はもちろん、家柄や経済力も申し分のない人と結婚できたと思ってる』(41歳女性/税理士)

年を重ねれば重ねるほど、それに比例して出会う男性が増えていくことは間違いありません。結果として、理想的な相手と出会う可能性も上がることになります。

結婚した後で、「やっぱりこの人じゃなかったかも……」なんて後悔するぐらいなら、理想の相手に出会えるまで結婚しないというのは一つの選択肢かもしれません。

(2)経済的にゆとりある生活を手に入れた

『早くに結婚しちゃった人は、入社したばかりの会社を辞めて家庭に入りますよね。お互いにお金もなくて質素な生活をするのは、子どものためにも良くないことだと思いますよ。私は十分にキャリアを積むことができたので、結婚生活で無理をすることがないんです。

たとえば、もし夫のことが嫌いになったとしても、経済的に自立しているので離婚に抵抗がありません。同い年の女性が「離婚したいけど一人じゃ生活できない」なんて言ってるのを聞くと、本当にこの年で結婚して良かったと思いますね』(43歳女性/出版社)

アラフォーになるまで独身を貫いてきたということは、それなりのキャリアと貯金を持っているということでしょう。

それが背景にあることで、金銭的な問題により結婚生活で無理をするということは少ないようです。

また、アラフォーでの結婚では相手もキャリアを積んだ人であることが多く、お互いに十分な収入があることで余裕のある生活を送ることができます。

(3)独身時代に自由を謳歌できた

『海外旅行に行ったり夜に飲み歩いたり、やりたいことは全部やり尽くした! 早くに結婚した周りの女性たちは、家庭に入ったばっかりに遊び足りていない人も多いと思う。

独身時代に後悔することが一切ないから、家庭を持っても思いっきり取り組める。「あー、あれがやりたかったなー」なんて思いながら小さく生きるなんて私にはムリよ!』(38歳女性/デザイナー)

結婚し、子どももできれば母親としての働きが求められ、自分の自由にできる時間は限られてしまいます。

結婚しなければ、そういったことに我慢を強いられることもなく、自由に人生をエンジョイすることができたはず。

これがアラフォーでの結婚となれば、周りで遊んでいる人を尻目に指をくわえるなんてことにはなりません。

“人生を思いっきり楽しむ”という満足感を得られるライフスタイルのひとつではないでしょうか。


いかがでしたか?

結婚する年齢に正解はありません。大事なことは、何に重点を置いて選択するかということ。

とはいえ紹介した3人の女性たちも、「本当は若いときに結婚したかった」という思いがあるからこそ、アラフォーでの結婚を自慢したくなるのかもしれません。

自分にとって本当に大切なことは何か、じっくりと考えてみたいものですね。

●文/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする