アラサー女性必見! 大人キレイに見える“シャツインコーデ”のコツ4つ

【相談者:30代女性】
30代になり、中身とともに見た目も変えようと思っています。

そこで、簡単にできて男ウケもするシャツインスタイルに挑戦してみたのですが、なかなかうまくいきません。

どうしても子どもっぽくなったり、カジュアルになりすぎたりしてしまうのです。アラサー女性はどのようなシャツインスタイルをすべきなのでしょうか。

a ポイントはシャツの着こなしと組み合わせるアイテムです!

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

シャツは1枚持っているだけでコーディネートの幅がぐっと広がります

また、ビジネスでもプライベートでも活用できるので、働くアラサー女性にとってはまさにお役立ちアイテムなのです。

ただ、組み合わせや着こなしを間違えてしまうと幼い印象を与えたり、場にそぐわない格好になったりする可能性もあります。

では、アラサー女性が大人っぽくシャツインスタイルをするためには、何に気をつけるべきなのでしょうか。

今回はアパレル関係のお仕事をする方々からお話を伺ってきました。

160509lisa

(1)大きめサイズのシャツを選ぶ

『本来のサイズより大きめのシャツを着ると、それだけでおしゃれに着こなせます。その際、シャツをざっくりとインしてラフに着るのがポイントです』(25歳女性/販売員)

シャツインをするときは、あえて大きめサイズのシャツを選ぶ。それにより全体的に垢抜けた雰囲気を出すことができます。

また、シャツの裾をきっちり入れずにざっくりとインすることで、こなれ感もぐっとアップします。

(2)適度な肌見せで抜け感を出す

『シャツインのコーデでは、袖口を適度にロールアップさせたり、胸元を開けてインナーをチラ見せさせたりすると抜け感を出すことができます』(31歳女性/営業職)

シャツをそのまま着るだけでは、かっちりしすぎて上半身のバランスも悪く見えてしまいます。

そんな堅苦しい印象を変えるためにも、シャツインスタイルでは胸元や手首に動きをつけるようにしましょう

ロールアップや開襟など、適度に肌見せをすることでコーデに抜け感を出すことができます。

(3)きれいめ小物を合わせる

『定番の白シャツとデニムという組み合わせには、きれいめの小物を合わせてみてはどうでしょうか。クラッチバッグやレースアップのパンプスなどは、合わせるだけで大人感を出してくれます』(33歳女性/バイヤー)

シャツとデニムという組み合わせでは、どうしても幼さやカジュアル感が強く残ってしまいます。そこで、きれいめ小物をアクセントとして使ってみましょう。

バッグやパンプス、アクセサリーなどで女らしさを加えれば、簡単に大人女性向けのシャツインスタイルが完成します。

(4)きれいめとカジュアルの組み合わせ

『カジュアルっぽくなりがちなデニムシャツやチェックシャツは、きれいめのボトムスと合わせるのが鉄板です。フレアスカートやきれいめパンツなど、系統が違うアイテムと組み合わせることで幼さやカジュアルっぽさも薄らぎます』(29歳女性/販売員)

デニムや柄物のシャツは、定番の白シャツと比べると組み合わせが難しく、どうしてもカジュアル感が強くなってしまいます。

そこで、ボトムスにきれいめのアイテムを持ってくるようにしましょう。

系統が違う2つのものを合わせることにより、きれいめとカジュアルが混合した“キレカジコーデ”が完成します。


1枚で何通りものコーデを実現してくれるシャツインスタイル。うまく着こなすことができれば、今後毎朝のコーデで悩む必要もなくなります。

まわりから見た自分の印象にも変化が表れるのではないでしょうか。そんな大人のシャツインスタイルを、ぜひ楽しんでみてください。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする