後ろ姿もピカピカ! 気になる“背中ニキビ”を治す方法3つ

【相談者:20代女性】
今年の春はオフショルダーのトップスが流行っていますよね。でもこの前、お店で試着したとき背中を見て唖然……。ニキビがポツポツとできていて、恥ずかしくなりました。

もうすぐ夏なのに、どうしよう。背中ニキビはどうしたら治せますか?

a 背中ニキビを治すには、体を洗うタオル、石けん、下着の見直しを。

こんにちは。健康・美容ライターのHARUNAです。

背中ニキビは1度できてしまうと、なかなか治りにくいものですよね。

冬のあいだは洋服で隠れていたけれど、薄着の季節になるとちらっと見えてしまって気になる方も少なくないはずです。

今回は、背中ニキビを改善するための方法をいくつか調べてみました!

160513haruna

(1)まずは、体を洗うタオルの見直しを!

背中ニキビが気になるという方によくあるのが、「お風呂で体を洗うときにナイロンやポリエステルのタオルでゴシゴシと洗っています」という話です。

ニキビを治すために、皮脂や汚れを落とそうとして化学繊維のタオルでゴシゴシ洗う。これが背中ニキビを悪化させる原因のひとつなのです。

皮膚を清潔にすることはニキビケアに必要なことですが、肌に刺激を与えてしまうと逆効果。シミやニキビ痕になってしまうこともあるそうです。

ナイロンなど化学繊維は避けて、普通の綿タオルを使うのが一番です。こすりすぎず、やさしく洗うようにしましょう。

(2)ボディソープより固形せっけん!

使いやすいし、泡立ちがいいボディソープですが、背中ニキビができているときは“固形のせっけん”がオススメです。

一般的なボディソープには『界面活性剤』など肌に刺激を与える成分が多く含まれています。

シンプルなオリーブオイルの固形せっけんなど、天然由来のものを使うと治りが早くなるといわれています。

(3)下着の素材も天然由来のものに!

背中ニキビは汗と洋服の摩擦で悪化するといわれています。

汗ばむ季節、背中に汗をかいたのに、ポリエステルなど汗の吸収性が悪い化学繊維の下着を身につけていると、摩擦でダメージになったり、雑菌が増えてしまったりするそうです。

朝晩のシャワーで汗を流す、携帯用のボディタオルでふく。これだけでもニキビ改善に役立ちます。

また、下着や衣類はコットン(綿)、麻など吸水性がよく、肌触りのよいものに変えましょう。

チクチクする素材を身につけているだけでニキビが増えてしまうこともあるので注意してくださいね!


夏になると気になる背中のニキビ。まずは体を洗うタオル、石けんの見直しから始めてみてください!

肌に触れる下着や衣類の素材選びも重要です。汗ばむ季節も清潔にしてニキビを改善できたらいいですね。

【参考文献】
・『食べて治す医学大事典』主婦と生活社・編集
・『本当に正しい大人のスキンケアー美容皮膚科医が教える美肌テクニック』吉木伸子・監修、主婦と生活社・編集

●ライター/HARUNA(美容・健康ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする