会社にいるときと別人!? 男らしい彼が彼女の前で甘えん坊に豹変するワケ

【相談者:20代女性】
会社の同僚で、仕事をバリバリこなしてみんなの中心となって活躍している素敵な男性に惹かれ、付き合っています。

でも、実際に付き合ってみるとかなりの甘えん坊で、拍子抜けしています。男の人って、そんなものなのでしょうか……?

a 頼り甲斐のある男性も、家では“大きな子ども”になる。

ご相談ありがとうございます。セルフトレーニングコーチのNaoです。

職場で輝いている男性って、本当に素敵ですよね。

しかし、そんな男性ほど家ではゴロゴロ、ダラダラしていたり、「プライベートくらいは甘えさせてよ」とまるで大きな子どものように甘えてきたりすることが多いもの。

男の人って、プライドが高くて社会で頑張ってしまう分、プライベートでは弱い一面を見せる生き物なのかもしれません。

160506nao

強そうに見える男性も、意外とデリケート

認知心理学者の匠英一氏は、著書『男心・女心の本音がわかる 恋愛心理学』の中で『男性の本質はというと、大変デリケートです』と語っています。

社会的に強さを求められる男性は、表立って弱さを見せることはあまりありませんが、心ない言動に傷ついたり、弱音を吐きたい欲求を抱いたりしているそうです。

「男の子なんだから、しっかりしなさい!」という風潮の中で育ち、家族を養うために必死で働く男たちの背中を見ている男性は、外ではなかなか弱音を吐けないもの

相談者さんが「素敵だな」と見惚れた彼の姿も、大きな仕事を任されるプレッシャーや、プロジェクトを成功へと導く大きな責任を背負って一生懸命戦っている姿だったのかもしれません。

“男の弱音”は彼女を信頼している証拠

職場では弱い部分を見せないのに、相談者さんには思いっきり甘えるということは、それだけ彼が相談者さんを信頼しているということではないでしょうか。

「ここなら弱さを見せても大丈夫」と安心し、明日も仕事をバリバリこなすための“心のエネルギーチャージ”をしているのかもしれませんよ。

匠英一氏によると男性は、女性に学歴や収入、身体的なことを言われると傷つきやすいそうです。

甘えてくる彼にあきれて、「家事もできないようじゃ仕事で後輩に抜かれちゃうよ」「もっとしっかりして、どんどん出世してよ!」などと言ってはNG。

唯一心ゆくまで甘えられる相談者さんの前では、社会で活躍するための勇気や前向きな気持ちを持てるよう、心のよりどころとなってあげてくださいね。

「男は意外と弱いもの」と心得て思いやりを持って接すれば、外で頑張る彼を優しく応援することができますよ。

【参考文献】
・『男心・女心の本音がわかる 恋愛心理学』匠英一・著

●ライター/Nao Kiyota(セルフトレーニングコーチ)

●モデル/福永桃子

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする