意外と男気満載!? セカオワ・Fukaseの“神対応”がスゴイ

2016年4月に起きた熊本地震に対する、さまざまな芸能人の対応が話題になっていますね。

「偽善」「売名」などと言われてしまうこともありますが、何と言われようが自分の意志を貫く姿勢を見ると思わず応援したくなります。

今回は、その中でも『SEKAI NO OWARI』のFukaseさんの神対応を見ていきたいと思います。

元恋人のきゃりーぱみゅぱみゅさんと別れたときにTwitterに暗号を投稿するなど、ちょっとお騒がせな一面もあるFukaseさんですが、意外と男気あふれる神対応がたくさんあるそうですよ。

出典:Fukase(SEKAINOOWARI)(@fromsekaowa)(Twitter)

出典:Fukase(SEKAINOOWARI)(@fromsekaowa)(Twitter)

(1)隠れることなく堂々と交際宣言!

『Twitterでつばさちゃんの好きなところを聞かれたときに、めっちゃ具体的に答えてて、思わず「イケメン!」ってなりました』(10代女性/学生)

Fukaseさんといえば、交際相手を公表するイメージがありますよね。

元恋人のきゃりーぱみゅぱみゅさんも、現在の益若つばささんに関しても、隠すことなく、むしろSNSに写真をアップするなどして堂々と付き合っています。

Twitterでファンに益若さんのどこが好きかと聞かれたときには、『凄くマジメなとこです。どんなに、朝が早くても朝ご飯作ってくれたり、お子さんがいるから、お子さんを第一優先に考える、その姿勢が凄く好きです』と返信。

こういう質問は、照れて真剣に答えてくれない人も多そうですが、好きなところを具体的にあげられるとやっぱり女性はうれしいですよね。

交際を公表することに関しては、「どうでもいい」「勝手にして」と思う人もいるでしょう。

しかし、自分の行動に責任と覚悟を持って恋人を公表する姿勢はかっこいいですよね!

(2)自らの身を顧みず、仲間を守る

Fukaseさんが益若さんとそのお子さんとの写真をTwitterで公開したのは、ちょうど『ゲスの極み乙女。』川谷絵音さんとベッキーさんの不倫報道が出た時期でした。

当時、ベッキーさんをかばう人はいましたが、川谷さんを擁護した唯一の芸能人がFukaseさんだったのではないでしょうか。

『えのんくんにどんな報道があろうと、俺は、彼らの作る音楽が素晴らしいから、俺はかれらの作る音楽を支持する』というツイートに、川谷さんがどれだけ救われたかわかりません。

このツイートに対し、『偽善者ぶんなよwお前も心の中ではゲスの極みって思ってんだろ?ゲスの極み乙女だけに』と返信した人もいました。

しかし、これにも、『貴方のような、クソつまんない駄洒落を言う方よりは、えのんくんの事をちゃんと考えてると自負しています』と真摯に対応。

ファンのあいだでは、『この日につーちゃんとの写真を上げたのは、不倫の話題から少しでも気を逸らせるためだったのかも』(20代女性/会社員)ともいわれています。

(3)困っている人を見ると放っておけない

Fukaseさんのすごいところは、恋人や仲間以外にも優しいところ。

益若さんとのデート中にPASMOを落として困っている男性ファンがいて、『タクシーで帰りなよ。出世払いだ』とお金を貸したそうです。

これは、隣りにいた益若さんだけでなく、男性ファンも惚れなおしてしまいますよね!

また、今回の熊本地震を受けて、ツアーで販売するリストバンドの売上金を全額寄付すると発表されました。

東日本大震災の際にも、いち早く被災地にボランティアに出向き、2016年現在もチャリティリストバンドで寄付活動を続けています。

口で言うことは簡単ですが、なかなかできることではありませんよね。

(4)飾らない性格で、だれに対しても垣根なく接する

Fukaseさんの破天荒エピソードとして有名なのが、ファンを自宅である“セカオワハウス”に招き入れ、一緒にお酒を飲んだこと。

自由が丘の路上で酔いつぶれているというツイートに数十人のファンが押し寄せ、そのまま自宅で飲んだそうですが、インディーズバンドならまだしも、これは紅白出場も果たした後のこと。

『さすがにこれは危ないと思ったけど、この時代に初対面の人とも垣根なく接することができるのは、すごいことだなって尊敬します。ただ、いちおう芸能人なんだし、もうちょっと気をつけてほしい(笑)!』(20代女性/会社員)

本当に無事で何よりでしたが、こんなことができる人は今どきめずらしいですよね。

(5)批判されても受け入れ、むしろネタにする

芸能人ですと、やはり心ないことを言われてしまうこともあります。「中二病」だとか……。

ただ、これについても、Fukaseさんは怒るようなことはせず、

『ファンがいて本当に良かったと思ってる。皆がいなかったら俺は潰れてたと思います。俺は、あの、ほら、いわゆる中二病のメンヘラだからさ。笑

とむしろネタにしています。

2014年に発売されたシングル『Dragon Night』の歌詞「ドラゴンナイト」が「ドラゲナイ」と聞こえる、といわれた際も、

『アルバムが発売から2週間で32万枚を突破したとスタッフに言われた!!嬉しい!ドラゲナイ!!(使い方がわからない)』

おちょくられているようで怒ってもおかしくないと思うのですが、この神対応。

狙った発言だという方もいるかもしれませんが、なかなか懐の深い人でないとできないことだと思います。


いかがでしたか? 草食系っぽい見た目に隠された男気が、なんとなく見えてきたのではないでしょうか。

オープンな交際やSNSでの発言などは賛否両論あると思いますが、これからもこのまま、自分の信じる道を突っ走っていってほしいですね!

【画像出典元リンク】
・Fukase(SEKAINOOWARI)(@fromsekaowa)(Twitter)/https://twitter.com/fromsekaowa?lang=ja

●文章/恋愛jp編集部・佐藤

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (22)
  • うーん (6)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする