ネットと電話をフル活用! 災害時に家族や恋人と連絡を取る方法3選

東日本大震災や熊本地震など、日本で生活する以上いつ大地震にみまわれることになるか分かりません。

被災地が自分の住む場所とは離れたところであったとしても、現地に住む友人の安否など気がかりになることもあります。

地震などの災害が起きると被災地に対して大量の電話が殺到するため、回線の混雑によって電話がつながりにくくなるなどの経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

またメールについても、災害時には携帯電話会社が通信規制を行うことで受信が遅延してしまう可能性があるため、家族や友人の安否確認のためには複数の手段を考えておく必要があります。

以下、災害時に活用できる安否確認の方法についてまとめてみました。

160428toyoda

(1)災害用伝言ダイヤル

固定電話、公衆電話、携帯電話、PHSなどから利用することができ、利用は原則無料となっています。

『171』をダイヤルするとガイダンスが流れるため、それに従って音声を録音しましょう。

なお、ここで録音した音声は電話番号を知っている人であれば誰でも聞くことができますが、暗証番号を使うことで、他人に聞かれたくない伝言など特定の人だけで伝言の録音・再生をすることもできます

ひとつの伝言は30秒以内、ひとつの電話番号につき20個まで伝言を登録することが可能です。

(2)災害用伝言板(Web171)

NTTが提供する、インターネットを利用した被災地の人の安否確認を行う伝言板です。

ここに電話番号とともに自分の安否を登録することで、ネット上で確認することができるようになります。

まず災害用伝言板のページを開き、登録したい電話番号を入力して「登録」をクリックします。

次のページで、「名前」「安否情報(選択式)」「伝言」を入力し、登録すれば完了です。伝言は最大で100文字まで登録することができます。

他の人の安否確認をする場合は、最初に登録したときと同じページで、安否確認をしたい人の電話番号を入力し「確認」をクリックすることで伝言の確認ができます。

なお、伝言がなかった場合、新たな伝言があった際にメール宛に通知を受け取るように設定することもできます。

自分のメールアドレスを入力するだけで簡単に設定が可能です。

なお、(1)と(2)のサービスは相互に確認することができ、音声で登録したものを音声ファイルとして再生したり、入力した文字を音声に変換して再生することもできます。

(3)Twitter

東日本大震災の際には、電話がつながりにくいという状況の中、SNSサービスのTwitterによって安否確認をすることができた人が多数いました。

ある調査では、連絡手段として利用されたのは電話やメールといった方法が多かったものの、実際に安否確認を達成することができたものとしてTwitterが高い結果を残したそうです。

Twitterは一度の投稿で多くの人に情報を伝えることができる上に、災害時の情報収集という点からも有効な手段と言えるでしょう。

災害が起きたときのために、家族でアカウントを作成しておくことをおすすめします。


災害時には、自分の身を守ることに加え家族や恋人、友人といった周囲の人たちの安否も気になるものです。

自らが被災していなくても、現地にいる身内の安否が気にかかるということもあるでしょう。

そんなとき、少しでも相手が無事であるということを確認できるだけで気持ちが落ち着くということもあるはず。

いざ震災に直面したときに慌てることのないよう、日頃から使い方などをチェックしておくことが重要です。

【参考リンク】
災害用伝言サービス | 総務省

●文/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする