イマドキの若者は堅実? 新社会人に聞いた“初任給”の使い道4選

新社会人にとって、“初任給”をもらう喜びはとても大きなものですよね。

慣れない社会人生活の中、がむしゃらに働き、やっと手にする“初任給”。

働くことの大変さを知った上で受け取る“初任給”の心理的な重さは、きっと特別なものでしょう。

そこで、2016年4月入社の新社会人数名に、初任給の使い道をインタビューしてみました。現代の若者たちは、一体どんなことに初任給を使うのでしょうか?

160427syoninkyuu

あなたの初任給の使い道を教えてください!

(1)親にプレゼントをあげる

『自分が働くようになって、親はこんな大変なことを何十年も家族のために続けてきてるんだなぁって尊敬しちゃいましたね。だから、感謝の気持ちをこめて、お酒好きな両親に二人で晩酌できるように、ちょっと高価なお酒を買ってあげようと思います』(20代男性/営業)

『シングルマザーとして女手一つで私を育ててくれた母へ、ネックレスをプレゼントしました。高価なものではないですが、すごく喜んでくれました!』(20代女性/事務)

自分で稼いだお金で親にプレゼントを贈るという意見は多かったです。

親御さんも、感謝の気持ちがこめられたプレゼントをもらって、子どもの成長を実感することでしょう。

普段なかなか親に感謝の気持ちを伝えられないという方は、初任給で何かを贈ってみると、きっと喜ばれると思います。

日頃の疲れを癒すために、家族で温泉旅行へ行ったり、おいしいものを食べに行ったりするのも良さそうですね!

(2)貯金する

『特に欲しいものもないので、将来のために貯金です。社会人になったのを機に、積立貯金を始めようと思います』(20代男性/介護士)

『一人暮らしなので、お給料のほとんどが生活費で消えてしまいますが(泣)、残りはすべて貯金します』(20代女性/Webデザイナー)

こちらは堅実派な意見ですね。先行き不透明なご時世ですから、貯金もしておくに越したことはないと思います。

ただ、若いうちは自分のために投資してみるというのもけしてムダにはならないと思いますよ。

(3)自分にご褒美

『自分で稼いだお金なので、贅沢に使ってもバチは当たらないかと。ずっと欲しかったブランド物のバッグを買う予定です!』(20代女性/保険)

『おいしいものを食べて、おいしいお酒を飲んで、服を買って、エステ行って……頑張った自分にいろいろご褒美です(笑)』(20代女性/アパレル)

せっかくの初任給。自分のためにパァ〜ッと使ってしまってもバチは当たりません。自分へのご褒美は、働く意欲にもつながりますしね。

ただし、今後も毎回毎回、自分にご褒美をあげすぎてしまうと、買い物依存症に陥ったり、ご褒美が癖になってお金が貯まらない体質になってしまったりする危険性も……! ほどほどにしておくのが身のためです。

(4)旅行に行く

『旅行が好きなので、友達と一緒にゴールデンウィークを使って旅行に行く予定です。学生時代は貧乏旅行だったから、とにかく一番安い宿に泊まってたけど、初任給をもらった記念に、今回はホテルのグレードを上げちゃいました』(20代女性/広告)

旅行は見聞を広げるためにも有意義なもの。社会人になると、職種や会社によってはなかなか旅行へ行くこともままならなくなる場合もあります。

みなさんも、行けるうちに行っておいたほうがいいですよ!


いかがでしたか? 「親にプレゼントをする」という人が多かったのは、なんだか喜ばしいですね。

いずれにしても、自分で稼いだお金なので、何に使っても問題ありません。それぞれに、自分が有意義だと思う使い方をしてくださいね。

新社会人になったみなさん、あなたは初任給を何に使いましたか(使う予定ですか)?

●文章/恋愛jp編集部・渡邉

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする