究極のダメンズ好き!? “僧侶系女子”の知られざる生態とは

女性が考える“理想のタイプ”にはどのようなものがあるでしょうか。経済力がある、見た目がカッコいい、優しい人など……。

人によって好みには違いがあると思いますが、いずれにせよ魅力的な男性に引かれることが多いはずです。

しかし女性の中には、どこがいいのか首を傾げてしまうようなダメ男とばかり付き合う人もいます。そのような女性を、“僧侶系女子”と呼ぶのだとか。

ここでは、そんなダメンズとばかり付き合う僧侶系女子の生態についてまとめてみたいと思います。

160427toyoda1

僧侶系女子とは

ダメ男ばかりを好きになってしまう人をダメンズウォーカーと呼びますが、ここには、いけないことだと分かりつつ好きになってしまう人や、付き合った人をダメンズ化させてしまう人が含まれます。

これに対し、僧侶系女子はあえてダメンズと付き合うことで自分を成長させようとする思考を持ちます。

尽くし過ぎて彼氏をダメにしてしまうというタイプの女性とは、全く異なる存在であると言えるでしょう。

僧侶系女子の特徴

『ダメな男であればあるほど、自分が幸せになれると信じています』(30代女性/営業)

その名の通り、僧侶系女子は恋愛を修行だと思っています。

なぜダメな男をわざわざ選ぶのかというと、自分を苦しい状況におき、つらい生活を送ることで徳をつむことができると信じているからです。

自分を成長させるために、よりダメな男を求めてさまよい歩くほど。これに耐えることで自らを成長させることができると考えています。

もし優れた男性と付き合おうものなら、「こんなに怠けてしまってはいけない」と考えて身を引いてしまうでしょう。

相手がダメならダメなほど使命感にかられ、一生懸命尽くします。

これを続けた僧侶系女子は、次第に悟りを開くようになります。苦しみや悲しみが当たり前で、耐えることや苦しむことこそが愛だと悟るのです。

どれだけ裏切られようと、「男はそういうものである」と、自然の摂理であるかのように全てを受け入れ許してしまいます。

苦しみの中にこそ価値があるのです。制限された苦しい環境のなかであればあるほど、「こんなに頑張っている私ってすごい!」と興奮してしまいます。

ここまでくると、次第に今までの経験をまわりに広め始めるようになるでしょう。

僧侶系女子になる理由

『正直、普通の男性と付き合っても物足りないんです。悪い男を選んでいるというより、自分を満たしてくれる人を探すとそうなるっていうか……』(20代女性/大学生)

『男性から大事に扱われても何とも思いません』(40代女性/事務)

どうして僧侶系女子は、周りから見ると不幸にしか見えない道を進もうとするのでしょうか。

それは彼女たちが、ダメンズを愛することで幸せを実感し、彼らに尽くすことを生きがいとしているからです。

“ダメ男に尽くす自分の姿”に満足し、知らず知らずのうちにそれを求めているのでしょう。

世間一般のイイ男と付き合うと、自分の存在価値を見失ったり相手を理解できなかったりと、余計につらい思いをしてしまうのです。


いかがでしたか?

なかなか共感しづらい部分もあるかと思いますが、本人たちはいたって幸せだと感じていることは間違いありません。

幸せの形は人それぞれということなのかもしれませんね。

●文/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする