事前の準備がカギ! 地震時にペットと避難するときの心構え

癒しを求め、犬や猫を始めとしたペットを飼っている人は多いのではないでしょうか。

どんなに疲れて帰って来ても、自分を迎えてくれるペットを見ると一気に疲れが吹き飛んでしまいますよね。

しかしペットを飼う場合には、ただかわいいという気持ちだけでなく、飼い主としての責任が伴うことになります

日頃のしつけはもちろん、災害による被害を受けた場合にペットを助けてあげられるのは飼い主であるあなたしかいませんが、その準備ができているという人はどれほどいるでしょうか。

緊急時ということから、普段なら問題とされないようなことが他人へ多大なストレス感じさせてしまうこともあります。

ここでは、地震が起きた際のペットとの避難方法についてご紹介いたします。

160425toyoda

原則は一緒に避難

災害が発生した場合、ペットが飼い主と離ればなれになってしまうことでさまざまな弊害が起こります。

逃げ出してしまえばペットを保護するための労力が必要となり、エサをもらえなくなってしまえば衰弱、死亡するおそれもあるでしょう。

また、不妊・去勢が行われていない場合、繁殖によって数が増加し公衆衛生上の環境悪化も問題となります。

飼い主の管理下を離れることで、人に対し危害を加える可能性も否定できません。

まずは飼い主自身が災害から身を守りつつ、ペットと一緒に避難することを心がけてください。

避難に備えた準備

避難所では動物が苦手な人やアレルギーを持つ人にも配慮が必要になります。

日頃から飼い主の言うことを聞くことができるよう、ペットをしつけておくことが大切です。

被災というただでさえストレスがかかる状況では、ペットの鳴き声などがトラブルのもとになることも少なくありません。

また、いざペットが迷子になってしまったときに飼い主の元へ戻れる確率を上げるために、首輪に飼い主の情報を明記しておくなどの対応も必要です。

近年では、確実に識別できるようペットの体内に埋め込むマイクロチップを活用する人も増えています。

ペット用の備蓄品の用意

緊急時には人への援助が優先されることもあり、避難先でペットの飼育に必要になるものは飼い主があらかじめ準備しておく必要があります。

ペットフードや水については、少なくとも5日分ほどを用意しておくことが望ましいでしょう。排泄物の処理用具も一緒に備えておくようにしてください。

人の防災用品と同様に、避難する際にすぐ手に取ることができるよう目に見える場所に用意しておきましょう。

避難先でのマナー

避難所でのペットへの対応は、屋内でペットの飼育が認められているところから、ペット用の係留所が設置されているところまでさまざまです。

飼い主にとっては安らぎとなる存在のペットも、周りの人にとってはストレスとなる可能性があることを認識しなければなりません。

周りに動物が苦手な人やアレルギーを持つ人がいれば場所を移動し、無駄吠えをしないように見張っておくなどの対応が必要です。


2016年4月14日に熊本県を襲った地震では、ペットと同伴する人が避難所から追い出されるといったことも発生しているようです。

実際に被災してしまえば、ペットを「家族同然」という言葉で片付けてしまうだけではなにも解決しません。

家族の一員であるからこそ、ペットにつらい思いをさせないためにも、日頃から飼い主が準備しておく必要があるといえるでしょう。

【参考リンク】
災害時におけるペットの救護対策ガイドライン | 環境省(PDF)

●文/恋愛jp編集部

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする