普通っぽいのにナゼ? 結婚できない独身男性がやっている非モテ習慣3つ

【相談者:30代男性】
「なんで結婚しないの?」と同僚によく言われます。結婚願望が全くないわけではなく今まで普通の恋愛をしてきたつもりですが、気が付けばもうすぐ40歳。

仕事もちゃんとしていて女性の友達もいます。何をすればいい出会いがありますか?

a 一人で生きていけそうな人はず~っと一人。

こんにちは。遅咲き姫専門家の菊乃です。

ご相談ありがとうございます。普通そうで仕事もキチンとしていてコミュニケーション力もあるのに、ずっと独身という男性もいますね。

何をすればいいかということですが、逆にやっているとしたらやめた方がいい行為をお伝えします。

160426kikuno

(1)手作り料理、手作りドリンクなどの家事力が高すぎるSNS投稿

「すごい料理上手だね。お嫁さんいらないね」と言われている独身男性の友達が何人かおります。

SNSに投稿される料理の写真は、「どこで仕入れたの?」と思うようなスーパーで売っていない材料を使っていたりキレイに盛り付けしていたり、とにかく凝っていて上手。

“いいね”の数はたくさんつく。私も目に入れば“いいね”をつけてしまう。

心の底から「すごいな」と思うのですが、「かなわないなぁ」とも思う。こう思うのは私だけじゃないでしょう。

元自衛隊員の50代の既婚男性から聞いた話ですが、自衛隊時代に共同生活していたとき、『自衛隊にいるとなんでも家事ができるようになる。そうなると結婚できなくなるからやらないことを1つ決めなさい』と上官からアドバイスされたそうだ。

その方はアドバイスに従って料理をせずにいたらしい。

独身が長いから料理上手なのか、料理上手だから独身が長いのかどちらが先かは分かりませんが、家事力が高すぎる男性は母性をくすぐらない

多少なりとも、台所を自分の縄張りだと思っている女性からすると負かされそうな相手なのだ。

仕事が料理人ならいいと思うのだが、仕事もしていて家事もできるとなると女性が世話をしてあげる分野が見当たらない。

料理が好きならいいでしょう。やるなとは言いませんが、SNSの投稿は控える方が出会いも紹介も増えるでしょう。

(2)「子どもが欲しい」などの高望み発言

婚活イベントを主催している方がよく言うのが、「何歳ぐらいの女性が来ますか? 子どもが欲しいので若い女性と出会いたい」という困った男性がいるということ。

私も会ったことはあるのですが、多くはアラフォー以上です。戦前ならいざ知らず、今は「子どもが欲しいから結婚したい」と言ってはいけません。

以前も、『バカに見える!? 「子供が○人欲しい」という男が結婚できないワケ3つ』でお伝えしましたが、女性を産む道具としか見ていないみたいで失礼なのです

自分の年齢はさておき、若い女性がいいと言っているようにも聞こえます。

この記事が配信されたときに多くの女性が支持してくれたのですが、男性の中には、「そうなんだ、知らなかった」という方もおりました。

逆の立場になればどうでしょうか。「専業主婦になりたいから結婚したい」と言う女性がいたとしたら、男性のことをATMとしか見ていないように聞こえて失礼だと思いませんか?

40代の芸能人が20代女性と結婚するニュースが相次ぎました。福山雅治クラスならいざ知らず、一般人レベルで年下女性を希望する発言も身の程知らずでバカに見えるのです。

たぶんあなたはいたって普通なのでしょう。でも、パートナーに普通以上の条件を求めるのは、偏差値50の学生が高偏差値の学校だけを受験するようなもの

自分が努力して自分への理想を高く持つならいざ知らず、相手への理想を高く持つのは注文を付けているだけ。

(3)元カノの話をする

私がこういう仕事をしているせいか、世間話から恋バナをしだす男性がいるのです。

「普通だと思うんだけれど出会いがない。元カノはこんな子だったんだけど」と元カノの話を他の人もいるのにべらべら話しだすのです。出会いがないのは元カノの話をするからなのに。

小悪魔ブームの火付け役・蝶々さんも付き合ってはいけないダメな男として“元カノ・元妻話をする男”をあげております。

パートナーだから見せた一面も、こういう男性は他の人にべらべら話すのです。中には彼の元カノを知っている人もいるかもしれないのに。

『元カノの話をすると忘れられないみたいで女々しく見える』(30代女性/営業職)

『かつては付き合っている女性がいたんだと、必死でモテないわけじゃないって自慢しているみたい』(30代女性/会社員)

という印象を持つ女性もおります。

昔はダメンズばかりを渡り歩いていた女性(26歳/美容関係)からは、こんな話を聞きました。

『元カノを引き合いに出して、「それと比べたら君は○○だから好き」と言われて、気が付いたら彼の中の元カノの存在に勝とうと競争していました。あんな男となぜ付き合っていたんだろう。今の彼氏はそういう話をしないし、本当に大切にしてくれます』

悪口だろうか褒め言葉だろうが、元カノは話題にしてはいけない。女性はほとんど元カレの話をしないのだ。過去なんてどうでもいいでしょう。

普通ならばきっと周りに人脈があるでしょう。あなたが変われば出会いは必ずあります。

【参考文献】
・『小悪魔な女になる方法』蝶々・著

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (7)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする