油断すると老化が進行!? 紫外線の危険性とGW中の正しいUVケア方法

こんにちは。メンタル&美容スペシャリストのバニラです。

今年のゴールデンウィークは何をして過ごされますか? 長期間のお休みになると、海外旅行に出かけたりアウトドアで海や山へ行ったり外に出ることが多いでしょう。

ここで、忘れてはならないのは“紫外線ケア”です。この時期は1年でもっとも紫外線が強い時期なので、うっかりしていたら大変なことになりますよ!

160426banira

紫外線による肌への影響

紫外線による肌トラブルといえば、“シミ”“日焼け”を思い浮かべる方が多いとは思いますが、実はそれだけではありません。

紫外線には『UV-A波』『UV-B波』の2種類があり、それぞれ肌へおよぼす影響が違います。『UV-B波』は肌の浅い部分にあるメラニン色素を活性化させ、シミを作ったり肌を日焼けさせたりします。

それにくらべて、『UV-A波』はもっと肌の深いところまで浸透しますが熱さを感じないので、知らず知らずのうちに浴びてしまうことが多いのです。

そして、怖いことに、肌の深部にある『真皮層(しんぴそう)』にあるコラーゲンやエラスチンなどの弾力を保つための『繊維組織(せんいそしき)』を硬くし、変成、破壊してしまいます。

すると、たるみ、しわ、ごわつきなどが起こり、乾燥していきますのでカサカサになりますし、肌がどんどん老化してしまうのですよ!

紫外線ケアはスピードが大切です!

このように、紫外線は気がつかないうちに肌の奥へと浸透して水面下で老化を進行させてしまいます。

特にゴールデンウィークあたりの気候は夏ほど温度は上がりませんが、気持ちよい日差しの下でつい無防備に半袖になってしまったり、メイクや日焼け止めでの紫外線対策もおろそかになったりしがちです。

紫外線のケアは1年中行うことが基本ですが、特に遠出をしたりアウトドアで外に出たりする場合は入念なケアを忘れないようにしましょう。

日焼け止めを塗る場合も、顔だけではなく首や腕、足元にも忘れずにていねいに塗ってあげてください。

また、外出から帰ったら日焼けをしている、していないに関わらず、いつもより保湿を心がけるようにし、しっかりとお手入れをしてあげることが大切です。

紫外線ケアにはスピードが大切なので、その日のうちにケアをしましょう。

もしも旅行に出かけるときには、シートタイプのパックを持っていくと鎮静&保湿ができるので安心ですね。

【参考文献】
・『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典(基本の美容シリーズ)』吉木伸子、岡部美代治、小田真規子・監修

●ライター/バニラ(メンタル&美容スペシャリスト)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする